<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > コンディションが悪い理由は・・・ > 会長の考え > コンディションが悪い理由は・・・

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンディションが悪い理由は・・・

2014年06月08日(日) 00:08

今日は品川駅で人と会う前に『TAMEALS』というカフェ&バーに立ち寄った。アイスカフェラテSサイズで「450円」というスタバよりも高く、しかも量が少ないという驚きがあった。店内は洒落ているわけではなく席も狭いので、二度と行くものかと思ったが、そのカフェでいつもどおりスケッチブックに殴り書きをした。今回のお題は

『All people have the free way』

つまるところ、『独自のスタンスを確立しよう』ということだ。まず、第一に、人間を支配する概念は『承認欲求』だ(とりわけ日本人にはこの傾向が強い)。この欲求の根底にあるのは『競争』という概念だ。FreeWay(自由な独自のスタンス)を自分のものにし、「究極の自然体」(コンディション最高の状態)の境地に行くためには、自分の中から「競争」という概念を消す必要がある。

これは無気力になるということではなく、余計な力を削ぎ落とすということだ。「自分のスタンスのない人間」は承認欲求の度合いが強い。このような人達は、流される日々を送ることになる。その根底にある『競争』は、不幸になる最高の資質なのだ。

本来の能力を発揮できない状況は、不健全であることは論をまたない。たとえば、椅子に座って仕事をするときに、重りが膝の上に乗っかている場合、果たして仕事に集中できるか。重りが集中力の妨げになるのは間違いないだろう。同様に、コンディションが悪く、本来の能力が発揮できない状況(つまり、手が震えたり、緊張したりなどなど)は、何かしらの圧力がかかっている状況にある。ここに気がついたならば、すべきことは一つ。

その圧力の正体を突き止め、排除することだ。

そして、多くの場合、その正体は『承認欲求』なのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。