<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > この勇気があればどこの国でも生きていける > 会長の考え > この勇気があればどこの国でも生きていける

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この勇気があればどこの国でも生きていける

2014年04月29日(火) 11:48

次に紹介するのは、日本人の若者が韓国にて、『友好関係』の旗を持ち、ハグを求めるという企画だ。とても感動する動画だが、この動画で涙した人は後を絶たないという。これは彼が体一つでつくった動画だ。Youtubeにて数百万回の再生を記録し、メディアにも出ているため、当然お金も入る。つまり、この若者の勇気があれば、スキルや学歴など一切関係なく、世界で有名になり、お金を稼ぐことも、感動を呼ぶこともできるのだ。この若者のような強い勇気はどこから生まれるか? それは余裕な心だ。 人は余裕でないと優しくなれない。精神的に欲求不満な人はどうしても斜めに構えてしまう。今回の動画でハグをしてくれた韓国人の多くは表情が豊かだ。つまり、余裕な心がある証拠だ。一方で妨害をしてきた人や、冷ややかな目で見ている人たちは、いかにも欲求不満でストレスを溜め込んでしまっているように見える。当然、それは斜めに構えることにもつながってしまうのだ。

安倍総理でもできないことを、今の時代は一人の勇気ある者によって可能にしてしまうのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。