<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 怒られやすい人、褒められやすい人 この違いは > 会長の考え > 怒られやすい人、褒められやすい人 この違いは

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒られやすい人、褒められやすい人 この違いは

2014年04月13日(日) 11:40

褒められることが少なく、怒られることが多い人に朗報だ。

それは、あなたの未来に希望がある証拠だ。なぜならば、怒られることが多い人は、短所が目立ってしまうからだ。どういうことか? つまり、長所があまりにも大きいため、ちょっとした短所でさえ、気がつかれてしまうのだ。首相をなさった森さんや、都知事をなさった猪瀬さんは、実のところ、超がつくほど頭のキレる奴らであり、カリスマ性を備えている。一般社会にいたら、確実に目立ちまくっている大物であることは間違いない。だからこそ、彼らが少しでも失言や失態を起こすと、異常なまでに叩かれてしまうのだ。そう、レベルの高い人ほど、短所が叩かれ、レベルの低い人ほど、長所が褒められやすいのだ。新人のかわいい顔した女性アシスタントは『仕方ないなぁ』で許されても、ベテランのオーラのある女性は『あなたがこんなミス?』と批判されてしまうものだ。

つまり、常に褒められている人には訃報だ。

それは、その人の長所がたかが知れているからにほかならない。いわゆる、その他大勢の一人という話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。