<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 親友(心友)との夕食会 > 会長の考え > 親友(心友)との夕食会

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友(心友)との夕食会

2014年04月08日(火) 22:13

数少ないストロングタイズ(強い結び付きの友人)のフィクサーと、本日は夜に夕飯を食べてきた。彼は現在ニューヨーク大学に通っており、将来的には香港で事業をしつつ、NPO団体にて健康啓発団体を作ろうとしているのだが、そのスケジュールのハードさに驚いた。朝から晩まで大学に通い、毎日のように英語でプレゼンや宿題が多数あり、自宅に帰ると、夕飯を食べた後、週に4回ジムで1時間30分のトレーニングをしているという。彼の携帯には、事細かく、その日にやったことを書かれていたが、ここまでストイックな人を見たのは久しぶりだ。彼に『なんで再び大学に通い、仕事もしつつ、体も鍛え、自分を常に鍛錬しているの?』と聞くと、彼は即答で『もっと幸せになりたいから』と答えた。ちなみに、ウェイトトレーニングをする理由は、外資系企業のトップの共通項であるボディビルダーのような肉体を手に入れるため、だと言う。つまり、将来のポジションを考えた上で、今自分を鍛錬しているということだ。

今回彼と話あった内容は大きく分けて次の3つ。

①世の中が便利になることの度が超えた危険性・・・人々は全てが面倒になる
②人は新しいものを手に入れるプロセスが一番興奮しているという事
③テレビは視聴率至上主義だから、いい物を期待するのがお門違い

我々が過去に暴力団体を後押ししていた反省や、セルフ洗脳の重要性、世の中のスタンダードに乗る危険性・・・などなど、今日はとても充実した内容だった。フィクサーは最後に私にこう言った。

『あなたに会うのは、100人に会うより価値がある。今日という日は最高の日になった』

私も同感だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。