<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 『NO』と言われよう  > 会長の考え > 『NO』と言われよう 

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NO』と言われよう 

2014年01月15日(水) 13:21

世の中には2つのパターンの人間がいる。1つは『常識に負ける人』、もう一つは『常識をぶち壊す人』だ。結論から言うと、後者の方がはるかに豊かな生き方ができるだけでなく、社会にとっても大きな価値がある。なぜならば、このパソコンも、アイフォンも、素敵な文房具も、本も、車も、海外旅行プランも、コンビニも、最新医療も、ディズ二―ランドも、遊園地も、映画館も・・・・・・世の中の多くの便利なもの・ことは後者が作ったからだ。これだけは100%確実なのだ。なぜならば、常識に従う人というのは、『失敗』を悪とみなし、『拒絶』から逃げ、挑戦するよりも、安定・現状維持を望むからだ。簡単に言えば臆病なのだ。それでいて批判的なのだ。

『渡邉美樹はこの世から消えろ』

『猪瀬直樹はクズ』

『山本太郎は切腹しろ』

『片山さつきはキモイ』

『大前研一は詐欺師』

『孫正義は売国奴』

『経営者は傲慢だ』

・・・このような言葉がネット上に溢れていることは誰もが知っているだろう。確かに、上記の人たちは常識的な人とは考えにくい。だが、着実に日本に貢献しており、多くの光を社会に与えているのは間違いない。そもそも、『経営者は傲慢だ』と言う人は、常軌を逸脱した傲慢な人間だと思う。日本を経済大国3位にしたのは、まぎれもない経営者の勇気であることは誰も疑わない事実だ。経営者がいなければ、いまだに携帯電話も、パソコンも、コンビニも、アイフォンも、新幹線も、海外旅行プランも、・・・なにも生まれていない。

さて、経営者とはリーダーだ。では、リーダーとはどういう人のことを言うだろうか。それは、一言で言えば、

『誰よりも失敗を繰り返し、誰よりも拒絶された人』

と言えそうだ。私の知り限り、NPOのリーダーも、会社のリーダーも、あらゆる組織のリーダーも、一般的な人よりも、はるかに『失敗』と『拒絶』の経験が多い。

ケンタッキーを作ったカーネルさんは、60歳くらいまで普通のおじさんとして日常を送っていたが、あるとき、行動を起こした結果、100を超える取引先に『NO』と言われたという。

ディズニーランドの創始者のウォルトさんの提案を、当初誰ひとりとして『相手にしなかった』という。

バスケットの超大物のマイケルジョーダンは高校の時、チームから外されたという。

俳優のシルベスタースタローンやジョージクルーニー、ハリソンフォードなども過去に多くの拒絶をプロデューサーからされている。ジョニー・デップは普通の人なら自殺をしても不思議ではないほど挫折を味わっている。

・・・

ここに紹介した人たちはあくまでも世界の頂点にいる人たちだが、業界で活躍している多くの人は、彼らと同様、あるいはそれ以上に『失敗』をし、たくさんの『NO』を言われているのだ。

つまり、常識的に考えている人がよく言う『失敗はよくないし恥ずかしい』『拒絶されている人は痛い人』『あの人変な人、近寄らない方がいい』というのは、矛盾に満ちあふれた意見なのだ。例えて言うならば、自動販売機でジュースを買ったあとに、『マジで、自動販売機とか要らないし』と言っているようなものだ。あまりにも矛盾しているのだ。ワタミで楽しんだ後に、「渡邉美樹ってうざい」と言うのは、もはや思考回路が逸脱していまっていると言っても過言ではない。

世の中には常識という名の非常識がたくさんある。それは誰も教えてくれない。それは自分で考えていかなければならない。

『後悔先に立たず』

と言っておきながら、後悔の定義を知らない人も多い。後悔とは『やった後悔』と『やらなかった後悔』の2つがある。このことわざの『後悔』の真意は、おそらくは『やらなかった後悔』を意味しているのだろう。そうでなければ、この世の中の偉人全てを愚弄するとんでもないことわざになってしまうからだ。いわゆる、体育会系の人は『継続は力なり』ということわざをよく使うが、これもケースバイケースであることは間違いない。才能もなく、楽しくもないことを『継続は力なり』と言って続けることは、単に時間の無駄だ。もっと言えば人生の無駄だ。

そもそも、上下関係(ヒエラルキー)を過度に意識するのも危険だ。上の人が言っているから『正しい』と考えるのは、単なる思考停止だ。後悔しない最大の秘訣は『自分で考え、決断』することだ。私も何度も先輩や先生に反論をしてきたが、確実に私の言っていることが正しいという認識があるが故にやっている。相手が私よりも30歳年上であろうと、50歳年上であろうと全く関係ない。勉強量が私のほうが圧倒的に多いことは確信している。一度しかない人生をどのように生きるべきか。そこに時間をかけて考えることには大きな価値がある。ちなみに、私は数年後、メディカルコラボレーショングループ(仮名)を創設する。私も多くの拒絶を受けるのだろう。それでこそ男の生き方だ。

最後に、最近面白いと思った名言を紹介する。

『世間なんて馬の糞。タコスを喰いな』

              By六本木の経営者
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。