<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > スターバックストップの一言 > 会長の考え > スターバックストップの一言

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターバックストップの一言

2013年03月29日(金) 20:35

挨拶もろくにできない、愛想もない、ヒステリックで人の気持ちを考えない。そういう人がいる。こういう人たちとは付き合わないに限る。事務的に必要なことだけを話せばいい。時間がもったいない。以前にもいったが、ネガティブは感染する。私は決して無礼なことをいっているとは思わない。謙虚な意見だと思う。電車に乗ると脚をバタバタやって、舌打ちをしているオジサンや若者をしばしば見かけるが(山手線には比較的少ない)、こういう人たちは、自分の仕事・家庭で勝負できなくなった人であるため、少しでも威厳を持ちたいために偉そうな行動をとる。社会的になんの力もないにもかかわらず、偉そうにする理由が私にはわからないが、人生を楽しむやり方を知らないのだろう。人生に絶望感を持つのは誰もが思う時があるだろうが、それを理由に人に迷惑をかけるのは最低きわまりない。

その一方で、先日、スターバックスの会長のシュルツ氏がすごい事を言った。20万人の社員を抱えるスターバックスのトップが、「同性婚支持」をしたため、かなりのデモが各地で起きた。結果、スターバックスの株価も下がった。株主の一人が『シュルツ氏の意見のせいだ』と述べた。それに対して、シュルツ氏は次の一言で一蹴した。

『だったら他社の株を買え』

たとえ自分の不利益になろうと、自分の素直な意見を言う。・・・さすがグローバルエクセレントカンパニーのトップだと思った。人を動かす人やリーダー的立場の人は例外はあるにせよ、皆素直で謙虚、そして誠実だ。シュルツ氏はまさにリーダーのお手本と言える。こういう人と一緒に時間を過ごせたらどれだけ素敵か。15年以内にシュルツ氏に会おうと本気で決心した。こういう人とお付き合いすることができたら、どれだけ日常の次元が向上するか。考えるだけで興奮する。付き合う相手で日常は全く違うものになる。私にも数人素敵なパートナーがいるが、双方に価値を提供できている。以前有名な経営者がスピーチでこんなことをいった。

『噂好きな人とだけは絶対に付き合うな』
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。