<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > THINKはOK. WORRYはNG. > 会長の考え > THINKはOK. WORRYはNG.

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THINKはOK. WORRYはNG.

2012年11月23日(金) 21:59

英語でTHINKは『考える』ということ。WORRYは『悩む』ということ。常々感じていることだが、私は常にTHINKINGしている。WORRYは無駄だと知っているため脳が勝手にTHINKに変換するようになっている。以前から述べているように『時間はお金を生み出すが、お金は時間を生み出さない』・・・あれだけ「お金が大事」と言っておきながら、「時間」はもっと大切なものなのだ。その時間を有効に使うためには『THINK』をすべきで、『WORRY』はすべきではない。少し考えれば分かることだが、WORRYするとはどういうことか。

『明日運動会嫌だ。雨になって中止になれ』

と一日中考えているようなものだ。・・・あのう、天気はあなたの力ではどうにもならないと思うんですが・・・と突っ込みたくなってしまう。つまり、人間には『変えられないもの』がたくさん存在するわけで、それを真剣に『変われ、変われ』というのはおかしなことなのだ。この時間がもったいない。ならば、

『どうすれば、あの人は積極的に動いてくれるようになるのかな』

と考えたほうがよほど現実的な対策が浮かび、価値ある時間の使い方になる。また、問いかけを変えるのもひとつの手だ。

『明日のプレゼンが上手くいかなかったらどうしよう』

とWORRYするのではなく、

『明日のプレゼンが上手くいくためには何を今すべきか?』

とTHINKしたほうがいい。

前者は論外だが、後者は有能な人間なら誰もがやっていることだろう。

私の場合やるべきことがあまりにも多いため、常に優先順位を考え、無駄なことは省き、価値ある時間の使い方を実践している。ダライ・ラマも言っていたが、部屋の中で体育座りをしているよりも、外に出て楽しんだほうがいい。これは(あまり言いたくないが)グローバルスタンダードである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。