<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 時間はお金より価値がある > 会長の考え > 時間はお金より価値がある

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間はお金より価値がある

2012年11月08日(木) 00:15

「どのようにお金を使いますか?」という以下のゲームをやっていただきたい。

毎日30万円が支給されるとします。1週間で210万円もらえます。そのお金を毎日30万円ずつ使わなければなりません。何に使っても構いません。しかし、貯金することは1円たりともできません。また、使えなかったお金は捨てなければなりません。あなたならどのように使いますか?

例)
午前中に10万円で『デジタルカメラ』を買って、午後に『エステ』と『映画』『高級レストラン』に行って、残ったお金を使ってタクシーで帰る。

おそらく、多くの人があることに気づくはずです。すなわち、毎日30万円を使うとなると、結構使い方に困る、と。そして、最初の2ヶ月くらいはなんとか使いこなすことができても、毎日支給されるという条件により、お金を捨てる選択が増えてくると思います。

それは当然です。みなさんは『お金が欲しい』と言いますが、それは『お金を稼ぐことが大変』という現実の中にいるからです。仮に誰でも毎日30万円支給されるようになれば、『使い方が分からない』となり、今まで持っていた『お金に対するありがたみ』や『節約しよう』という考えがなくなってしまうでしょう。そのため、無意味に高い酒を買ったり、ゲームセンターでお金を使い続けたり、いらないものを買ったりするようになり、「明日も30万円もらえる」という理由から、残ったお金を捨てることに何も感じなくなるでしょう。

このように、希少性という意識があるからこそ、『お金』には価値があると思えるのです。毎日30万円支給されることが当たり前になれば、それが無意識の中で当たり前になり、もはやお金はもらって当然という考えになってしまうでしょう。その時、お金に対する『価値』は相当低いものとなっています。いや、お金に価値があるとさえ思わなくなるでしょう。

これは何事にも言えます。みなさんが欲しくてたまらないもの、自分にはない『何か』、国籍、外見、車、運動神経・・・など、これらは今の自分にとって『手に入るのは難しい』からこそ価値があると思えるのであり、これらを持つことが当たり前の人にとっては、そこには何も価値はなくなるのです。これはとても危険なことです。本来価値のあるものでさえ、当たり前のように備わってしまったことにより、『それが当たり前』となり、その対象に価値を感じられなくなってしまうからです。その最大の例が、

『時間』です。

時間という資源は全ての人に平等に『1日24時間』与えられます。そのため、誰もがこの時間に対し、全くありがたみを感じなくなります。仮に、毎日30万円支給しますが、時間は1日3時間になった場合、逆に『時間』に対して大きな価値を感じられるはずです。つまり、お金を有意義に使えた人には『時間を多く与えます』となった場合、ある人は『1日30分』なのに対し、別のある人は『1日15時間』、またある人は『1日24時間』と時間の格差が生まれてしまいます。現代社会で言われている『金銭的な格差問題』以上に深刻な『時間的な格差問題』が生まれるでしょう。しかし、この地球に住む者は、神様の判断により、全ての人が世界一の大富豪「ビルゲイツ」と同じ『1日24時間』を与えられることになり、お金に対して格差をつけたわけです。

当たり前の話ですが、『時間』から『お金』は生まれますが、『お金』から『時間』は生まれません。そのため、神様の判断はとてもありがたい判断と言えるでしょう。しかし、だからこそ、多くの人にとって、先ほどのお金の例と同様に、『時間』に対するありがたみがなくなってしまっているのです。無論、社会的に大成されている方というのは、この時間の管理を強く意識している方が多いことも事実です。やはり、大きなことを成し遂げる人には、それ相応の理由があったわけです。

結論
毎日無条件に24時間を支給しますが、全てその日にしか使えません。残った時間は捨てます。さて、あなたはこの時間をどのように使いますか?先ほどのお金の例でわかったとおり、『これが当たり前』と感じてはいけないのです。時間はお金を生みます。つまり、お金よりも圧倒的に価値があるのです。その時間を毎日どのように使うかで、全く未来は変わってくるのは言うまでもないと思います。当たり前過ぎて誰も疑問を持たないからこそ、誰も気づかない大事なことがここにあるのです。つまり、多くの人が欲しくてたまらない『お金』よりも価値ある『時間』という資源を1日24時間も与えられているという秘密に。

この秘密を知ったならば、すぐにでもお金同様に、時間を財布に入れ、無駄遣いせず、「自分に使う時間」「誰かと会う時間」「情報を得る時間」・・・などなど、一つ一つの行動に対し『これは無駄遣いでないか?』と考え、お金を使うときには当たり前の「計画的な使い方」を時間にも当てはめる必要があると思います。巨額の投資をした人が多くのリターンを得るのと同様に、巨額の時間を何か一つのことに投資した人は、大きなリターンを得ることができるのです。お金の投資先は『これから成長の期待できる企業』であるのと同様に、時間も『これから成長できる何か』に投資すべきです。それは『自分』以外の何者でもないでしょう。そのため、「この人と時間を過ごすことに価値はあるのか?」と自問自答し、無いと感じたら、その場から去るようにすべきでしょう。これは決して冷徹な判断ではありません。お金同様に、時間は貴重な資源です。友人によって、あなたの資源を無駄に使う義務などないのです。財布を置きっぱなしにすると盗まれてしまいますから、ほとんどの人は自分のカバンや鍵をかけたロッカーにいれるはずです。時間もそれと同様で、盗まれないようにしっかりと管理する必要があります。

時間はお金よりも貴重な資源。現在はその資源が毎日支給されるのが当然になっているため、そのありがたみに気づかない人が多い。しかし、時間はお金よりも価値ある資源であるという事実を理解すれば、それを無駄に使うことはないでしょう。
スポンサーサイト

承認待ちコメント

2013/12/08(Sun)12:35

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。