<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 友人選択力 > 会長の考え > 友人選択力

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人選択力

2012年10月26日(金) 23:56

人間が生きていることを違う言葉で表すと、『選択の連続』と言える。朝何時に起きる選択、何を食べる選択、何時に出勤する選択、どのように仕事する選択・・・この選択というプロセスが人生だと思う。人はこの選択により、全く違う結果を生み出すことになる。ある人は貧しくなり、ある人は金持ちになる。ある人は社会的に影響力を持ち、ある人は娘に無視され、妻にも馬鹿にされる、ある人は世界を動かすキーパーソンになる・・・

これらの結果は全て自分の選択の積み重ねの結果である。言うまでもなく、それにプラスして『外部環境(周囲の環境や運)』も影響してくる。だが、その人の選択が日々の結果を生み出していることには変わりない。そして、この選択の中で最も大きな影響力を持つものこそが『友人の選択』ではないだろうか。

「類は友を呼ぶ」

という言葉があるが、これは机上の空論ではなく、ファクトである。実際に怠け者の周囲には怠け者が多く、モテる人の周りにはモテる人が多く、タフな人の近くにはタフな人が多く、貧しい考えの人は貧しい考えの人と結ばれ、ネガティブな人はネガティブな人と付き合い、魅力的な人は魅力的な人を側近においている・・・・・これは自分の性格を考えれば一目瞭然だと思う。仮に自分を変えたいと思うならば、自分から見て魅力的だと思える人と付き合うべきだと思う。時間は有限であるため、迷わず今すぐ行動すべきだ。そうすれば、いつの間にか自分も同じような考え方になっているだろう。考え方が変わると行動が変わり、その人の性格が変わり、その人の人生が間違いなく変わる。これこそが人生の価値であり、人間の存在理由だと思う。

私の大好きな孫正義氏、柳井正氏が最近報道ステーションで次のようなことを言っていた。

『1番と2番とでは全然違う。男は1番にならなきゃだめだ。世界に出ていかなければならない』

おそらくこの発言に対して『自分には関係ない』と思われた方と、『そのとおり』と思われた方とで、人間のタイプは大きく分かれるのだと思う。後者は滅多にお目にかかることはできないが、このメンタリティを持っている人を見つけたときは、私は何がなんでも積極的にアプローチをしていくことにしている。同年代(24歳前後)の親友、65歳の暖かい友人、57歳のメンターなどなど、こういう人たちの存在は生きる上で最も大切な財産になると思う。友人は多ければいいということでは決してない。自分のレベルもしくは、それ以上の次元の人達とお付き合いさせていただくことこそが、価値ある時間の過ごし方だと思う。時間は有限であるため、くだらない番組(愚かな人)を見ている暇はないはずだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。