<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 子供を育てる責任の欠如 > 会長の考え > 子供を育てる責任の欠如

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を育てる責任の欠如

2012年10月07日(日) 09:33

奈良県警中吉野署は6日、同県吉野郡内の公立中学校で教諭に暴力を振るい、けがをさせたとして、中学3年の男子生徒(14)と母親の飲食店員(33)を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、3日午前9時40分ごろ、校内で男性教諭(26)の顔や脇腹を殴り、顔を足で踏みつけるなどして、打撲などの軽傷を負わせたとされる。いずれも「腹が立って殴った」と容疑を認めているという。

 同署によると、教諭は生徒が所属していたバスケットボール部の顧問で、7月の引退試合にこの生徒のユニホームを持って行くのを忘れた。生徒はレギュラーだったが、補欠のユニホームで出場した。その際に撮影した集合写真が、3日に校内の掲示板に張り出されたことに腹を立て、生徒が職員室から玄関近くに教諭を連れ出した。「なんであんな写真出すねん」「全校生徒の前で土下座しろ」などと母子で迫り、生徒が約30回、母が約5回殴ったという。教諭は殴られながら土下座で謝り、他の教諭が止めに入った。校長の相談を受けて同署が捜査していた。【岡奈津希】

・・・・・

生徒が教師に腹を立てた気持ちはわかるが、殴ってしまえば犯罪だ。ましてや30回も殴るのは狂っている以外のなにものでもない。本来、母親はそれを止めなければならないにもかかわらず、一緒に殴ったというのだから信じられない。母親の年齢は33歳、つまり19歳で子供を産んでいる。19歳から子供を育てるのはやはり難しいのだろう。経済力以上に、人間としての最低限の倫理観を持たないものは、子供を産む資格なし。子供を育てる資格なし。そんな人のために税金を投入するのも馬鹿げている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。