<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > ある意味『明るい』が、『暗い』ニュース > 会長の考え > ある意味『明るい』が、『暗い』ニュース

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある意味『明るい』が、『暗い』ニュース

2012年09月23日(日) 18:07

以下Yahooニュース引用

一般社団法人・日本経営協会の調査によると、入社3年前後の社員の37.4%が「昇進したくない」と考えているそうだ。出世を望まない20代が増えている、とは前から言われているが、3人に1人超とは確かに驚きだ。

もっとも、その理由は必ずしも「責任を負いたくないから」とは限らないだろう。「専門職として現場で仕事を続けたい」という人だっているかもしれない。

・・・

3人に1人が出世に興味がない、という今回の結果を知り、『私も』と思うか『チャンスだ』と思うか『日本の未来は暗い』と思うか、の3つのレスポンスに分かれると思う。私は若いため、『チャンスだ』と思った。今回の結果から分かることは、『努力をすればリーダーになれる可能性がかなり高い』ということだ。というのも、戦後の日本人は『上に行く』ことを考える人がたくさんおり、競争が凄かった。しかし、今はほとんど国内で競争がない。これはある意味大きなチャンスだが、日本の経済を豊かにしようとする人が少ないことにもつながる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。