<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > マダガスカルで大量虐殺 > 会長の考え > マダガスカルで大量虐殺

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダガスカルで大量虐殺

2012年09月23日(日) 12:35

実は先日、マダガスカルにてとんでもない事件があったようだ。

いろいろと調べてみたが、日本で報道されていない。また、CNNでも報道されていない。唯一、インターファクス通信が伝えていたが、とんでもない事件である。私も全く知らなかったが、現地で仕事をしていた親友に昨日聞いた。背筋が凍るような話だが本当の話だそうだ。

以下に載せる

『家畜泥棒と疑われた人たちを虐殺』

マダガスカルの3つの村で、農民が家畜泥棒67人を殺害した。インターファクス通信が地元の
マスコミの報道を引用して伝えた。

マダガスカルで3日、約100人の家畜泥棒が首都アンタナナリボ南部の3つの村を同時に襲撃した。
農民たちはシャベル、鍬、伐採用のナイフなどを手に家畜を守った。激しい衝突の結果、67人の家畜
泥棒が殺害された。

  地元政府の報道官は、農民たちの正当防衛権を認め、農民の行動を正当化した。報道官によると、
政府は情勢安定化のために問題の地域に警官を派遣した。

・・・

農民の行動を正当化した政府に驚きだが、このニュースはどこかおかしいと思う。農民が一人も殺されず、家畜泥棒だけが67人も死ぬというのはありえないことだ。「67人」という数字は正しいと考えられるが、その理由については信ぴょう性に欠けるのではないだろうか。私の親友の話によると、現地の人が言うには、『家畜泥棒と疑われた人たちを女、子供関係なくシャベルやナイフで殺したと』という。これを放置するという現実に、背筋の凍らない人はいないだろう。また、ほとんどの主要メディアが報道しないということも恐ろしいことだ。

以前、エジプトでサッカー観戦後にサポーター同士で喧嘩が起き、70人以上が死んだ事件があったが、今回の事件といい、人間を殺すということに対し、考え方に大きなギャップがあるのだと感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。