<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > オリンピックどころではない > 会長の考え > オリンピックどころではない

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックどころではない

2012年08月05日(日) 12:05

オリンピックをみてこの時期を楽しむ人は世界の中では実は少数派だ。多数派の多くはテレビもないし、食べるものさえも厳しい状況に置かれている。今回紹介するのは、まさにこのオリンピックの最中に行われている世界の現実だ。おそらく、国連、IMF、世銀は言うに及ばず、ヒラリークリントンや野田首相をはじめとする世界各國の政治家、ならびに世界中の経営者の中で、オリンピックをポカーンと口を開けて夢中になる余裕はない。今回は、世界の一員としての自覚をもつ人ならば絶対に知らなければならない現実問題を紹介する。


以下、CNN引用
①未だに女性が人間として扱われない・・・10人に9人は被害を受けるアフガニスタン

カブール(CNN)  アフガニスタンで女性が不貞の罪を着せられて公開銃殺される映像を入手したことを受け、当局は9日までに、事実関係などについて捜査に乗り出した。


映像ではブルカ姿の女性に向けて男が銃を発砲。女性が銃弾を受けて仰向けに倒れてからも射撃をやめず、全部で9発を撃ち込んだ。見物していた男性の一群からは歓声が上がっている。撮影された日時は不明。


公開処刑が行われたパルワン州の知事によると、女性は反政府武装勢力タリバーン司令官の男2人と何らかの関係を持った疑いをかけられ、男たちが体面を保つために女性に不貞の罪を着せて裁判にかけ、処刑したとみられる。男2人もその後、別のタリバーン司令官に殺害されたという。当局は現地に捜査員を派遣し、事件に関与した人物を探している。


7日に映像を見た同国の女性議員は「この問題について真剣な対応を取る必要がある。女性として、人間として対応しなければならない」と涙ながらに訴えた。


米国大使館は8日、この事件について「冷血殺人」と強く非難する声明を出し、「女性の権利を守ることは世界において、特にアフガニスタンにおいて極めて重要だ。同国はタリバーンの支配下で女性の人権が無視され、損なわれ、侵害されてきた」と指摘した。


アフガニスタンに展開する国際治安支援部隊(ISAF)のアレン司令官も同日、「タリバーンが罪のない民間人、特に女性に対する残虐行為を続けていることは強く非難されなければならない」との声明を発表した。


同国で女性に対する暴力を行っているのはタリバーンに限らないと米国の専門家は指摘する。国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチがまとめた2012年版の年次報告書によれば、同国で生涯の間に肉体的、精神的暴力を受けたり結婚を強要されたりする女性はほぼ10人中9人に上っている。


②1ヶ月で4000人以上殺害・・・シリアに住む人は同じ人間

読売新聞 8月4日(土)20時28分配信

 【カイロ=田尾茂樹】シリアでは4日、国連総会による対シリア決議採択後も、北部アレッポや首都ダマスカスなどで政府軍と反体制派との間で激しい戦闘が続いた。

 在英の民間団体「シリア人権監視団」によると、アレッポでは反体制派が国営テレビの建物を襲撃後、軍がヘリコプターなどで反撃し、激戦となった。ダマスカスでは、反体制派が残存している南部タダムン地区で、政府軍が集中砲火を浴びせたという。

 監視団のまとめでは、反体制デモが始まった昨年3月以降の死者は、2万1053人(市民1万4710人、軍兵士5363人、離反者980人)。戦闘激化に伴い、7月の死者はこれまでで最悪の4239人に上ったとしている。


③あまりにも異常な少年たち・・・これは許せない

(CNN)  米イリノイ州シカゴで先週、男性が路上で殴られ死亡した事件で、16~18歳の少年3人が逮捕された。少年らは犯行場面を携帯電話のカメラで撮影し、インターネットの交流サイト(SNS)フェイスブックに掲載していた。


3人は成人として殺人罪に問われ、16日に初公判が開かれた。


検察によると、シカゴ北部に住むデルフィノ・モーラさん(62)は生計の足しにするため、自宅付近の裏道でアルミ缶や金属片を拾い集めていた。3人はゲームと称してモーラさんに狙いを定め、16歳の少年があごを殴ったとされる。モーラさんは倒れ、後頭部を強く打った。


殴った少年の携帯電話を使って、残る2人が一部始終を撮影していた。映像には、モーラさんがコンクリートで頭を打った大きな音も入っている。血を流して横たわるモーラさんを残し、3人は笑いながら立ち去った。数分後に16歳少年ら2人が現場へ戻り、モーラさんの財布から60ドル盗んだとみられる。


モーラさんは頭がい骨や脳の損傷などにより、搬送先の病院で翌日死亡した。


16歳の少年はフェイスブック上の自分のページに映像を載せた。先月末に同じ少年に襲われたという人物がこの映像を見つけ、知り合いだったモーラさんの息子に見せた。これが手掛かりとなって、3人は14日に逮捕された。


3人には保釈なしの拘置が命じられた。次回公判は8月3日に予定されている。


モーラさんには12人の子どもがいる。フェイスブックの映像を最初に見せられた末っ子のエマニュエルさん(20)は、CNN系列局とのインタビューで「復しゅうしたいが、母に何もするなと言われた」と話した。遺族は、モーラさんの遺体を故郷のメキシコに戻して埋葬する費用が必要だとして、寄付を募っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。