<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 妥協する日本人 > 会長の考え > 妥協する日本人

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妥協する日本人

2012年08月02日(木) 01:55

オノヨーコは『才能がある人は日本にいると潰される。だから、私はアメリカに行った』と述べていたが、これは紛れもない事実だ。日本は『皆と違う』ことに価値はなく、むしろ『生意気な奴』『変な奴』と叩かれる。そして、『皆と同じ』が求められ、意見を言わない人が『礼儀ある人』と賞賛され、評価される国である。アメリカでは意見を言わない人など相手にもされないし、『出ない杭は潰される』という格言もある。無論、去勢されたようなおとなしい日本人にはアメリカ社会は競争的すぎてついていけないだろう。だが、お隣の国中国は、そのアメリカ人よりも競争的と言われている。いや、中国だけではない。あの教育豊かな幸福度の高いスウェーデンでさえ、アメリカ以上に激しい血も涙もない競争社会である。我々はテレビで流れている『幸福度が高い』『教育が優れている』などの平和的な部分ばかりに焦点が行きがちだが、彼らの国はいたって肉食であるという事実を忘れてはならない。・・・そういえば、草食系男子という言葉があるが、これは誤った表現であり、日本に草食系でない人など滅多にいない。つまり、草食系人種が日本人そのものなのだ。

『国際社会で意見を言えない』
ハーバード白熱教室という番組が以前NHKで放送されていたが、内容の批判はほとんどなく、多くの日本人の反応は『みんな堂々と意見を言えている』という欧米人が絶対に思わない感想だった。彼らにとってあの姿勢は当たり前であり、「あの人呼吸している」と言っているようなものだ。そのくらい、日本と欧米とでは温度差があるのだ。ハーバードに限らず、欧米の授業のコアは『ディスカッション』であり、ダイアローグ(対話)を通して答えを導き出す授業がほとんどを占めている。日本とは決定的に違う部分として、意見を言わない人は点数が低いだけにと止まらず、落第することも珍しくない。アメリカの一流企業のGEでも会議で意見を言わない人はどんなに優秀でも解雇される。このように欧米では意見を言う人が高く評価され、意見を言わない人は価値を認められないのだ。その一方で、日本ではそれとは正反対のことが起こる。意見を言う人は『生意気』と言われ、社会経験の浅い教師(彼らのほとんどは社会経験もせず、大学からそのまま教師になった未熟な大人だ。海外では元会社員、元消防隊、元研究者、元牧師・・・など社会経験を積んだあとに教師になる人が多い)が常に正しいとされ、生徒の意見は相手にさえされない。むしろ、黙っている生徒が『礼儀正しい』とされる。また、部活動にいたっては、このルールが100%適用で、1年であろうと、先輩の方が身分が偉く、意見をいうことは生意気と思われるのがルールとなっている。このルールはもはや日本文化・システムであり、ナショナル・プリンシプルと言っても過言ではない。馬鹿げていると思わない人が多いことにある種のヤバさを感じさえする。この特徴を専門家の多くは、家康の愚民制度が長く続いたことが、大きな起因となっていると述べている。言うまでもないが、1年上の人を先輩を呼び、頭を下げて礼儀正しくする文化は日本と韓国以外に聞いたことがない。今後必ず、この問題(意見を言えない、先輩後輩ルール)は大きな問題となり、日本の政策問題にまで発展することは間違いない。私の予想では、『偏差値教育』が完全に無くなり、『教育システム』が抜本的に見直され、『教員の仕事への取り組み』にも大きな変化が起きると考えられる。

私の実感として、最近の日本人は、レディ・ガガや、ホリエモン、鳩山さんの奥さんをはじめとする変わった人の影響を大きく受けると同時に、YOUTUBEなどのグローバルスタンダードのツールに触れているため、かなり性格が海外の人と似てきているように思えるが、それでもまだまだ主張が弱いし、人と違うことをすることに大きな抵抗を持っている人が多い。私は日本の社会で散々叩かれてきているため、最近では自分の20%程度しか出さずに行動している。にもかかわらず、他の人が去勢されたみたいにいい子であるため、私の行動が目立ってしまい、毎日のように指導を受ける。一言言えば『態度が悪い』がもはや私の日常で「ことわざ化」してる。

だが、私は自分の行動が間違っているとは思わないし、80%は演技しているのだから、これ以上日本化するわけにはいかない。まあ、私のことなどどうでもいいが、本当にほとんどの人は『争い』を極度に避け、嫌われるくらいだったら自我を抑え、100%演技したほうがマシであるという考えが根本にあると思う。だが、経営者になったら、1日1人敵ができると思った方がいいし、リーダーになったら毎日誰かと衝突するのが日課になることは間違いない。だが、中国やインド、韓国、アメリカをはじめ、世界各國の若者が、そういう中に敢えて身を起き、リーダーシップを発揮したいと考えている現代において、1人とも衝突をしたくないと考え意見すら言わずに行動している日本人というのは、本当に不思議な人たちだと思う。20代でここまでワイングラスのように脆いとすれば、60代になったら空気にも触れられなくなってしまうのではなかろうか・・・と思っても不思議ではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。