<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 世界で活躍する日本人 part1 > 会長の考え > 世界で活躍する日本人 part1

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界で活躍する日本人 part1

2012年07月29日(日) 12:17

日本では公開される機会の少ない、実は凄く活躍している日本人を動画とともに紹介します。

●デヴィッド・タカヨシ・スズキ(David Takayoshi Suzuki、1936年3月24日 - )

カナダの生物学者、科学番組キャスター、環境問題活動家、ブリティッシュコロンビア大学名誉教授。日系カナダ人。世界50カ国で放送される人気長寿番組「ネイチャー・オブ・シングス」シリーズを1979年から担当している。2004年、大規模に行われた国民投票で「現存する最も偉大なカナダ人」に選ばれた。また、カナダで最高の栄誉であるカナダ勲章、第二のノーベル賞と言われるライト・ライブリフッド賞、国際連合教育科学文化機関のカリンガ科学賞その他数多くの賞を世界中から受賞する。英語圏の大学を中心に20数に登る名誉学位を授与される。

この人です。


さらに驚くべきことに、デヴィットスズキ氏の娘は、環境サミットで歴史的な演説をしたセヴァン・カリス=スズキ(当時12歳)である。このスピーチは伝説のスピーチとして世界的に影響力を持つ・・・以下に動画




●神田 瀧夢(かんだ ろむ)

日本のコメディアン、俳優、タレント。(別称は神田ロム、英語表記はRome Kanda)1999年よりアメリカに活動舞台を移して映画やテレビなどに出演しながら、ハリウッドのコメディシアターでライブパフォーマンスも行っている。

米ABCテレビで2008年6月24日から放送されているリアリティショー『I Survived a Japanese Game Show』の司会者に抜擢された(正確には同番組の舞台となる架空の日本のバラエティ番組『本気(まじ)で』の司会を務める)。米史上初めてメジャーネットワークの全米テレビ番組で司会をした日本人。

この人だ。



●伊藤 穰一(いとう じょういち、1966年6月19日 - )

日本のベンチャーキャピタリスト、実業家。公職は、クリエイティブ・コモンズ議長、Mozilla Foundationボードメンバー(理事)、MITメディアラボ所長[1]。愛称はJoi。ネット上で最も影響力のある日本人と言われる。2011年4月25日、250名を越える候補者の中からMITメディアラボ第4代所長に選出された。

この人だ。


ちなみに、MITのメディアラボは世界一のラボであり、その建物は想像を絶するものだ。ぜひ、一度調べていただきたい。そのラボの所長を伊藤氏は勤めている。これはとんでもなくすごいことなのだ。さらに、副所長(No.2)を勤めるのも日本人だ。それが次に紹介する偉人だ。

●石井 裕(いしい ひろし、1956年2月4日 - )は、日本のコンピュータ研究者。マサチューセッツ工科大学元教授、メディアラボ副所長。タンジブル・ビット研究の創始者。MITメディアラボでタンジブル・メディア・グループを創設。タンジブル・ユーザ・インターフェースの研究が認められ、2001年にテニュア(終身在職権)を取得。2006年には ACM SIGCHI から CHI Academy を受賞。日本ではプロフェッショナル仕事の流儀に出演。

この人だ。


●大前 研一(おおまえ けんいち、1943年2月21日 - )

日本の経営コンサルタント、起業家。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教授、株式会社大前・アンド・アソシエーツ代表取締役、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学学長。マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長、アジア太平洋 支局長、日本法人会長を歴任。出版した本の多くが数十カ国で翻訳される数少ない日本人の一人。100万部を超えるベストセラーをはじめ、多くの世界的に影響力のある本を世に輩出している。1994年のイギリス経済誌「エコノミスト」で、 現代社会の5人のグル(世界を動かす教祖)に選ばれる。最近では、東日本大震災が起きた2日後にYOUTUBEにて政府も参考にするような分析を行った。

この人だ。


孫正義と対談。


スティーブジョブズとも出演。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。