<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 挨拶と態度  > 会長の考え > 挨拶と態度 

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挨拶と態度 

2012年05月20日(日) 00:29

挨拶ができない人は仕事もできない。これは極論だと思う。なぜならば、挨拶というのは『時間』も『金』も不要で、歩きながらでもできることだからだ。これができない人が仕事をできるはずがない。もちろん、嫌いな人に率先して挨拶する必要はないが、少なくとも目があったら挨拶をするのはマナーだ。私は社会にまだまだ好影響を与える身分になっていないため、最低限のマナーである『挨拶』だけはするようにしている。また、態度が悪い人も同様に仕事ができない人だと思う。私が思うに、態度が悪い人や卑屈な人というのは、自分の現在の状況に対し大きな劣等感を持っており、自分よりも楽しそうな人を見ると『むかつく』のではないだろうか。これは不幸への第一歩であり、せっかくのチャンスを逃すだけでなく、多くの可能性に満ちた出会いも潰してしまう。

仮に現在の状況に劣等感を持っているならば、それをプラスに転じるような対策(思考の変革)をとる必要があるだろう。なぜならば、この世にあるすべての事象は、捉えかた一つでまったく異なる性質のものに変化するのだから。つまり、チャンスを逃すようなマイナスに転じる思考回路をとることはナンセンスであると同時に、それを自分で選んでいる、ということなのだ。率先して不幸になりたい人は好きにしていただきたいが、過去にカントが次のように述べているように、後悔先に立たずになる前に、気付く必要があるのではないだろうか。

カントの言葉

『みずから虫けらになる者は、あとで踏みつけられても文句は言えない』
(徳論の形而上学的基礎づけ第2版から)

さて、サブジェクトにあるように、『油断するな』という言葉を多くの人にプレゼントしたい。なぜならば、この言葉を常に肝に銘じることで、間違いなく多くのメリットがもたらされるからだ。少なくとも、これとは反対の行動をしてしまっている人の未来は相当暗いのは言うまでもない。今回は、今日あったとある出来事を例に、このことを考察してみたいと思う。

今日は昼に行きつけの店でつけ麺を食べた。前回来た時に『大盛り』と言ったにもかかわらず『普通盛り』が出てきたたが、今回は大丈夫だろうと思って『大盛り』を頼んだ。私はとても丁寧な口調と穏やか表情で『大盛りをお願いします』と言ったのだが、担当の女性店員の態度は人を馬鹿にしたような無礼なものだった。さて、結果はどうだったか。10分後でてきたつけ麺は、そう、またも普通盛りだったのだ。その際にききほどの無礼な店員が食べ方の説明をしてくれたのだが、その言い方もひどいものだった。私は尋ねた。
『これ大盛りですか?』
店員は少し焦った様子で
『いえ、普通盛りです』
私は少し大きめの声で言った。
『大盛りって言ったでしょ』
店員は焦って謝罪をしてきた。ここで大事なことは、私が声を荒げた理由だ。
確かに2度も同じミスをしたことに対して怒るのも当然だ。だが、それだけで私は声を荒げたりはしない。今回の問題は、「注文ミス」+「態度の悪さ」という2つの問題がミックスされたことにある。以前シンガポールでファストフード店の店員も同じように態度が悪かったのだが、私が怒鳴りつけると急に態度が良くなったことがあった。これら2つの件は、あらゆる場面において言えることだと思うが、

『人によって態度を変える』

という店員としてやってはいけない禁忌を踏んでいるのだ。これを油断と呼ばずしてなんと呼ぶのか。私がもっとも嫌いな人間の一つとして『こちらが優しくすると、調子に乗って傲慢な態度をとる輩』だ。こういう人間は誠実でなく、人を尊重するという考えが希薄だ。

『挨拶』『態度』

この基本的なマナーを疎かにせず、常に人を尊重する気持ちで、相手を敬って接することがとても大切なことだと思う。油断をしてはならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL

まとめtyaiました【挨拶と態度 】

2012/05/20(Sun)06:27

挨拶ができない人は仕事もできない。これは極論だと思う。なぜならば、挨拶というのは『時間』も『金』も不要で、歩きながらでもできることだからだ。これができない人が仕事をできるはずがない。もちろん、嫌いな人に率先して挨拶する必要はないが、少なくとも目があった...

まとめwoネタ速neo




▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。