<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > TPOと空気の違い > 会長の考え > TPOと空気の違い

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPOと空気の違い

2012年03月24日(土) 00:37

先ほど東京駅の本屋の帰り道、駅前の交差点で、前にいた男性が傘についた雨を払うために、周りの人の存在を全く無視してプルプルと傘を回していた。言うまでもないが、私自身にもかなり水が飛んできた。はっきり言って、こういう人は不快極まりない。今回のケースだけでなく、飛行機にて後ろの席の人を一切考慮せずに椅子を極度に倒す人も同類だ。日本人だろうが中国人だろうがアメリカ人だろうが、こういう人は必ず存在するが、その神経を理解することはできない。

では、こういう人たちは『何を読むことができない』のだろうか。そう、TPOだ。すなわち、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)・・・→「時」と「場所」、「場合」に応じた方法・態度・服装等の使い分けができていないのだ。私はこれは大きな問題だと思う。もちろん、私も全ての状況において、TPOをわきまえた行動ができているとは思えないし、よく誤って人に迷惑をかけてしまうこともある。だが、その際は必ず謝罪するようにしているし、少なくとも自制をするように心がけている。しかし、くだんの『傘ふり男』『椅子倒し人間』共はそのようなことを一切お構いなしにやってくるのだから迷惑以外のなにものでもない。少なくとも、中国であろうとアメリカであろうと、日本であろうと途上国であろうと、このような迷惑人を歓迎するムードはない。日本では列車で肩がぶつかっても『ごめんなさい』の一言もないが、アメリカや香港で同じようなことが起きた場合、必ず謝罪するのがマナーだ(謝罪しないとほとんどのケースでは喧嘩に発展する)。イタリア人に至っては、『ごめんなさい。許してもらえますか』・・・『許しますよ』という会話が当たり前のように行われている。だが、これがコミュニケーションの基本であり、だからこそ、欧米人はコミュニケーションスキルが高いのだ。

間違ったことをして反省しない人や、弁論できない人、そもそも迷惑をかけていることを知らない人は、コミュニケーション能力が全くない、ということを自覚する必要があるだろう。

さて、ここまで述べてきたことを通じて、一つの疑問が生じた方がいるかもしれない。それは、常に私が言ってきたことと矛盾しているではないか?ということだ。つまり、『あれだけ空気を読むことを危険だと訴えてきたくせに、なぜ今回は読めと言うのだ』と。そういう人は、日本的な『空気』と世界共通の『TPO』の区別が出来ていない。TPOというのは換言するならば『マナー』だ。例えて言うならば、『結婚式に黒いネクタイをする人はTPOを読めていない』『葬式に爽やかなネクタイをする人はTPOを読めていない』『授業中におしゃべりする人はTPOを読めていない』『黒人の前で黒人差別ジョークを言う人はTPOを読めていない』・・・などの、人々にとって、明らかに迷惑なこと、人々が不快に思う事をする人のことを、『あの人はTPOをわきまえていない』という。

空気と言うのは全く概念が違うものだ。例えて言うならば、『質疑応答の時間に、誰も質問していないにも関わらず、一人質問しまくっている人は、空気を読めていない』『ほとんどの人が目立たないコートを着ているのに、一人だけ派手なコートを着ている人は空気を読めていない』『皆が賛成しているのに、反対意見を言う人は空気を読めていない』『皆と違う意見を言う人は空気を読めていない』・・・このように、空気を読まない人は『普通の人』である。にも関わらず、周りに合わせることを良しとする文化の島国「日本」においては、KYなどと差別されてしまうのだ。『あいつKY』などと言いながら、自分自身が世界から見てKYであるということに気づいていないのだから、恥ずかしい以外の何物でもない。そういう人を見るたびに、『恥ずかしい』と私自身が熱くなってしまう。

つまり、TPOをわきまえるというのは世界共通のマナーであるが、空気を読むというのは、日本独特の恥ずかしいルールなのだ。ぜひ、この2つの違いを認識し、TPOを読める人になることをお勧めする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。