<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 自分のフィールドで、1対1の真剣勝負を > 会長の考え > 自分のフィールドで、1対1の真剣勝負を

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分のフィールドで、1対1の真剣勝負を

2012年01月20日(金) 01:36


野村秋介。かっこいい大人だ。惚れ惚れする。



今現在、私は来月から始まる膨大な量の大試験の準備のためにハードな日々を送っているが、そんな中で面白いことに気付いたため、ここで書かせていただく。

『残念な人』

という項目で以前にも類似した内容のものを述べたが、今回はその仮説が現実味を帯びてきたため、再度記録しておこうと思う。まず結論から述べると、

『Aさんと1対1でのコミュニケーションをとるときと、Bさんも加わった時における、Aさんとのコミュニケーションでは、まるでAさんは別人になるということ』

これはビジネスにおいても、プライベートにおいても、肝に銘じておいた方がいいだろう。仮に『Aさんは1対1であろうと、何人かの中でのAさんであろうと全く同じに決まっている』と考えている人がいたら、それは危険な考えであるため、早急にメスを入れる必要があるだろう。さて、具体例を以下に示そう(大試験の前のため、1つ)。

私がとあるカフェで勉強をしようと椅子に座ったところ、3人組の大学生(おそらく就職前)が私の隣に座っていた。そのカフェでは音楽がかかっているのだが、私の隣の男はぎこちなく体を音楽のリズムに合わせて振っていたが、それがエスカレートして、足をバタバタさせるようになり、非常にモラルハザードな行動をするようになってきた。足をバタバタやられると、こちらにも響くため、非常にイライラする行為なのだが、その男はその行動を止めようとしない。・・・ここで私が最もイライラすることは、『集中力を阻害されること』と、もう一つある。それは、『お前、1人でいるときにそれやれるのか?』という疑問だ。その男は2人の仲間と場を共有しているがために、「集団化による強気の度合いが増す」現象が生じているのだと思う。その隣に座っている男の態度も非常に悪かったため、まさに『集団化による強気』現象が起こったと考えられる。奴らは私の嫌いな人間である『集団になると威張り、個人では勝負できない人』の典型例と言えそうだ。私は常々言っている。『赤信号みんなで渡れば怖くない』などというビートたけしの名言を忠実に再現することは、自らで『私は、誰かが一緒にやってくれないとなにも決断できない集団主義者、日和見主義者です』と断言しているようなものだ、と。

せっかくの素敵な時間のカフェタイムに邪魔が入ったわけだが、以前の私だったら、非言語コミュニケーションを用いて、相手に『不快である』ということをアピールするようにしていたが、最近はそのような行動は労力の無駄遣いと考えるようになり、その変わりに

『待てよ、森田健作千葉県知事の職務は、千葉県民の不満に耳を傾けることであっても、そのほかの地域の人の不満まで聴くようなことはしないはず。なぜならば、そんな所にまで「時間」「労力」を費やしてしまったら、本筋の千葉県民の声を聞くことができなくなってしまう。そうか、私には自らの使命がある。その使命を果たすことで多くの人々の喜びにつながるのだ。にもかかわらず、こんなくだらない連中に関わっているのは時間と労力を率先して捨てるようなものだ。こんな次元の低いフィールドで戦って勝ったとしても、そこには何の価値もない』

と考えるようになり、その小物たちと戦って勝ったとしても何のインパクトも世に与えることはできないし、誰のためにもならないということを悟ったのである。

私が何を言いたいのかというと、大きく分けて2つある。

1つ目は、

人は仲間といたり、組織の一員として存在するとき、本来の良いところが潰され、冷静な判断ができなくなる傾向にある。そのため、本当にその人のことを知りたいのならば、1対1のフェイストゥーフェイスのコミュニケーションを大切にすべきだと考えられるという事。運命の出会いを逃さないためにも、1対1での会話が重要だと思われる。

2つ目は、

自分のフィールドはなんなのか、を見定めたら、それ以外の本質的ではない事に関してはなるべく時間・労力を使わずに、冷静に、『ここで勝ったとして何になるんだ。誰のためになるのだ』という質問を問うべきだ。というのも、本質的ではない馬鹿げた価値のない戦いが至る所で行われているのが現実だからだ。『学生になめられたくない』という本質から離れた部分に焦点を当てている先生は、慕われることに満足するようになってしまう。その循環にはまったらもはや終わりだ。本質的に、『己のやるべきことはなんなのか?』を突き詰めれば、次元の異なるフィールドでの戦いをしている暇などないはずだし、それがいかに愚かで馬鹿げたことかが分かるはずだ。
スポンサーサイト

まさに

2012/01/22(Sun)10:40

その通りだと思います。
たとえ何倍も時間を要したとしても
私は常にマンツーマンで対応しています。
体調を整えられ
試験で力を発揮できますようお祈りしています。

名前:ちかこ (URL) 編集

2012/01/22(Sun)22:20

お祈りありがとうございます。お礼に、
ジョージバーナードショーの名言を紹介します。
とても考えさせられる名言です。

『人が虎を殺そうとする場合には、スポーツといい、
虎が人を殺そうとするときは兇猛という』

名前:ビーナルド (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。