<
< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 禁忌発言 > 会長の考え > 禁忌発言

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁忌発言

2011年09月07日(水) 20:46

すでに3回くらい繰り返し述べているが、人の可能性を『高める言葉』『低くする言葉』がある。

以下は、私の知っている『絶対にマイナスしか生まない言葉』だ。無論、私はこの言葉を一切使用していない。

①~すればよかったのに
・・・終わったことは仕方がない。『次はこうしよう』の方が絶対にいい

②なんで、あのとき~しなかったの
・・・それがそんなに大きなことなのか?

③だから言ったじゃん
・・・それを言ってなにになる?あなたが全て正しいのだろうか?

④あの人はダメだよ
・・・と見積もった人が、とんでもない大物になることはよくあること

⑤はあ・・・(大きなため息)
・・・君のせいで、こちらも気分を害する

⑥なんでそんな決断をしたの?(否定的な意味合いを込めて)
・・・人のやることは、その人の責任。自立した大人として接したほうがいい

⑦なんで、あの人がああいう行動をとるのか理解できない
・・・そんなに『あの人』が大事なのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し思いつくだけ挙げてみたが、これは高校時代に読んだ本に書かれていた禁忌言葉であった。たしかに、あれから私は一切これらの言葉を使わなくなったが、不思議なことに、本当に使っている人が多い。考える力がないのか、馬鹿なのか分からないが、マイナス効果しか生まない発言を言うべきではない。知らない人は仕方がない。だが、知った人は変わるべきだと思う。

私の尊敬する『ドナルドトランプ』は次のように言っていた。

「ネガティブな人がいると、その組織全体がネガティブになる。そういう人は『腐ったリンゴ』であるため、他のリンゴが腐る前に、私は首にする」

・・・少々過激な言い方ではあるが、とても言い得て妙だ。一体、今までどれだけの人が『可能性』を奪われてきたのか?・・・飛行機は簡単に飛べない。それはあらゆる因子が飛行することに対し抵抗するからだ。これは我々の世界も同じで、ネガティブな空気が挑戦者の足を引っ張る運動をしてくる。だが、その雑音に惑わされずに、初心を忘れないことが重要なこと。それが結果的に未来の世界のためになる。


スポンサーサイト

スタンディングオベーション再び

2011/09/08(Thu)19:25

非積極で生きている人のそばには
自分から近づかないようにしてから
随分随分楽になりました。
自分自身の人生を
積極思考で邁進している最中です。
コケて傷だらけですが
新陳代謝は年々活発になっているのを感じます。

いつも光をありがとうございます。

名前:智香子 (URL) 編集

Fowrad-looking

2011/09/08(Thu)21:28

フォワードルッキング(建設的、前向き、前進)で頑張りましょう。

・・たとえば、3科目試験が連続してある場合、1科目目が終わったら次の教科の勉強をすべきだと思います。終わった教科の資料を見て自己採点する人がなんと多いことか。終わった教科は『はい終わり』でいい。

次の教科の最終見直しをしたほうがよほど建設的だ。

これがフォワードルッキングな考えだと思います。

名前:ビーナルド (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。