<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 島田紳助 不自然な引退 > 会長の考え > 島田紳助 不自然な引退

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島田紳助 不自然な引退

2011年08月24日(水) 00:39

島田紳助が芸能界引退という記事を読んですっ転んだ。私の予想をはるかに超える大胆な決断にいたった理由は、おそらく『ヤクザに5回会った』というだけではないだろう。

黙っていればばれないことを、わざわざ公の場にオープンし、『引退』。それも、日本で最も力のある芸人の1人である人物が。『引退』し政治家にでもなるのか。あるいは、事業をするのか。それはわからないが、今回のやめ方は不自然だ。なにか裏で大きなヤバいことが起きているのでは?と考えてしまうのが私だけではないだろう。そもそも、4、5年前にヤクザと会ったということで『引退』するには『吉本興業』にとってあまりにも痛手だ。視聴率トップ3をとる番組のすべての司会者がいなくなることで『メリット』はなにもない。また、テレビ局、関係者たちからの反感も生まれ、吉本に対するイメージも悪化する可能性がある。・・・こういうリスクを負ってまでしてわざわざ大物を首にするということは、『ヤバい』ことを隠すためにカモフラージュしたような気がしてならない。あくまでも私の推測で、エビデンスもないが、わざわざ自己申告し、公の場で会見を開くとき、たいてい、その裏にあるもっと大きなことをカモフラージュすることが多い。みのもんたが引退・・・と同じくらいの衝撃を受けた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。