<
< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 32人という異常な数字。 > 会長の考え > 32人という異常な数字。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32人という異常な数字。

2011年08月19日(金) 00:15

いくら他人事とはいえ、『32人』という数字には何らかの対策を早急にとならないと危険だ。
この32人とは、今年7月に米陸軍で自殺した人数だ。以下CNN

・・・

(CNN) 米陸軍は18日までに、今年7月に起きた兵士の自殺もしくは自殺によるとみられる死亡が計32人に達し、2年半前の記録発表の開始以降、月間の数字として最悪水準になったと報告した。

今年1月から7月31日までの総数は自殺の疑い件数を含め計151人。CNNが入手した陸軍文書では163人となっているが、陸軍当局者は記録発表後に自殺した可能性がある事例が浮上したために数字が食い違ったと説明している。自殺とみられる死亡の場合でも、公式調査が終了するまで自殺と断定されない。

兵士の自殺件数を毎月公表しているのは陸軍のみで、海空軍、海兵隊は情報公開の要請などがあった場合に発表している。

空軍兵士の自殺は今年これまで28人で、海兵隊が21人、海軍が33人となっっている。陸軍兵士の自殺者が突出して多い背景要因は明らかでないが、4軍の中で陸軍は最大組織となっている。

米国防総省のホイットマン次官補代理(広報担当)は、兵士の自殺の背景には家庭や人間関係での問題から海外派兵によるストレス蓄積までなどの個人的な悩みがそれぞれ介在していると指摘している。

・・・
今年だけで、空軍の28人、海兵隊の21人、海軍の33人というのも異常な値だが、陸軍は151人と軍隊消滅の危機に来ている。果たして本当に『自殺』なのか?1人、2人は他殺ではないのだろうか。ここまできて、国家的対策をとらないとは信じられない。オバマ大統領は名ばかり大統領と言われても仕方ない。昨年も一昨年も数十人が自殺しているのならば、本来、国家が覚悟を決めて、本格的な対策をとるのが『まともな考え』ではなかろうか。自衛隊で月に3人自殺した場合、日本では世間がそれを許さない。アメリカには『世間』がないため、この異常事態にも『知らん顔』の人が多いのだろう。私は日本人だが、米陸軍の自殺者増加には大きなショックを受けている。オバマは所詮この程度の器だったのか。ちなみに、ロシアの刑務所では年間4000人が自殺をしている。なんというか、『自殺』なのか?と問いたくなるのは私だけではないはずだ。他国の首相は、菅総理を批判している場合ではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。