<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 重富義光校長 軽蔑する > 会長の考え > 重富義光校長 軽蔑する

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重富義光校長 軽蔑する

2011年05月04日(水) 21:42

重富義光・・・南筑高校とは一体?

一歩間違えれば『死』に至る残酷な行動に対し、『3週間の停学処分』で済ませた重富校長。

重富校長は、『何度も首を絞め、気絶させ、腹を踏み、携帯で撮影』した凶悪な男に対し、3週間の停学処分という決断をした。私がこの高校の生徒ならば、凶悪な男と同じ空気を吸うこと自体、恐ろしいと感じるだろう。重富校長は『勉学を真面目に行いたい』生徒を見捨て、凶悪でも柔道が上手い生徒を救った。こんな決断をして、罪の意識はないのか。このような間抜けが校長を務めるとは哀れだ。

カンニングをした受験生が逮捕され、繰り返し首を絞めて気絶させた生徒が3週間の停学処分

・・・愛国心をもつ私としては、重富校長の決断は腸が煮えくり返るものだ。

それにしても、いささか疑問なのは、このようなケースではどういう正当防衛をとれがいいのだろうか。相手が2人で柔道部、しかも先輩、力ではかなわないわけで、だからといって鉄パイプで殴ったら犯罪になってしまうし、これは難しい話だ。・・・いろいろと考えた結果、これを避ける唯一の方法は、部活に入らないということだ。・・・しかし、柔道が好きで被害者も部活に入ったのだろうし、・・・結論として、この問題を解決することは不可能だ。解決するためには『入りたい部活に入れない』という自己犠牲が伴うからだ。その意味でも加害者の存在は罪だ。やはり、この場合は背後から『首を絞め返す』以外に反撃のしようがない。だが、運悪く殺してしまったら逮捕されてしまうし、やられっぱなしの運命しか、今回のケースでは見当たらない。実に不愉快な事件だ。

重富校長はこのような不愉快な状況を理解した上でも、『3週間の停学処分』で済ませるつもりなのだろうか。

また、この決断は、今後この柔道部出身の人たちが『ああ、あの最低な学校な』と言われることに拍車をかけてしまっている。つまり、柔道名門校というブランドすら、この校長の異常な決断のせいで崩壊したのだ。

ホリエモンが言うように、『この世は不条理だ』

スポンサーサイト

2011/05/04(Wed)23:18

ごもっともな話しです。こんな事がまかり通る世の中で絶対あってはならない。対外試合禁止期間中でも顧問が部員を連れて試合に出てる事実も有る。こんな事が有って良いのか???

名前:拳王 (URL) 編集

2011/05/05(Thu)17:55

以前にもこういう事件が柔道部でありました。その事件では被害者が死んでしまったのですが、今回だって死んでいた可能性は否定できないです。本当に重富という男は許せない。

名前:リカ (URL) 編集

2011/05/06(Fri)09:58

日本では昔から「我慢する、上下関係に従う」事が美徳であるらしい。しかし、今回の事件は、それらの習慣に警鐘を鳴らしている。

単刀直入に言うと、これは殺人未遂事件である。この加害者が行った一連の行為は、凶悪事件の序章を見ているかのようだ。この重富という男は終わっているが、もはや学校内では解決できないと思う。部活のみならず、学校内の生活においても、犯罪まがいの行為は日常的に起きている。(私も中学時代、卑劣な行為に遭遇した)

私は提言する。「学校内に交番を設け、教室、廊下、トイレ、部室などに非常ベルを設置し、いつでも駆けつけられる体制が必要である。」

名前:フィクサー (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。