<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 開店5分で水売り切れ > 会長の考え > 開店5分で水売り切れ

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開店5分で水売り切れ

2011年03月30日(水) 10:49

放射能が水に含まれていると知った日本人は、コンビニ、スーパーに朝早くから殺到し、店の水は売り切れ状態が続いている・・・という話をきいて、『とはいえ、そんな馬鹿な現象はすぐにおさまるだろう』と推測していたが、、、今日の朝、開店5分後のスーパーに行ったところ、なんと水が全て売り切れ状態であった。唯一あったのは、1本300円の水だけ。通常150円で買えるものを、300円で買うのは『金の無駄遣い』であるため、買うのは控えたが、ここまで水が人気だとは思ってもいなかった。

それにしても、今後、この日本という国を危機に陥れる要素は『震災』『原発』による、犠牲者の増加と、『各業界の停滞』及び『電力不足』と言える。この停滞は他人事ではなく、本当に危険なものと言える。すでに、世界的企業「アップル」も、大きな打撃を受けている。なぜならば、アップルの新作『アイパッド』の細かい部品のいくつかは、日本製品が占めており、それを他に委託することは難しいためだ。それ以外の数多くの世界的な大企業、中小企業も大きな打撃を受けている。当然、当事者である日本企業の打撃はそれ以上になり、倒産、リストラも考えられるだろう。日本ではイルミネーションなど数年先まで見られないことになる。なぜならば、『電気の無駄遣い』と捉える環境になってしまったからだ。ああ、六本木ヒルズ前のきれいなイルミネーションが見られないとなると、活気が落ちるな・・・などとは言ってられない。今は団結しなければならない。なぜならば、・・・そう、最大の危機ともいえる『国債の暴落』がどんどん近づいてきているからだ。今回の震災により10兆円以上の国債が使われると言われているが、すでにGDP比に占める国債の割合が断トツ世界一の日本は、これまで以上に国際大国ではなく、国債大国にならざるを得ない。これだけは避けなければならない。経済がメルトダウンしたら、・・・復興どころか、日本がどん底に落ちる。・・・しかし、ゴールドマンサックス元社長の山崎養世氏によれば、


『ギリシャが破綻したから、日本が破綻する・・・わけがありません。

                日本は絶対に破綻しないシステムなんです』

ということ。これはプロ中のプロの意見であるため、あまり心配する必要はないのかもしれない。ただし、アマチュアの私が言えることは、大地震同様に、100%はあり得ないのでは?ということだ。いずれにせよ、私が知っている限りでも、今当事者たちは、想像できない以上に大きな危機的状況を受けている。自殺している人もいるし、倒産した人、取引の重大なトラブル、貯金が借金に変化、家がなくなった、家族が死んだ、絶望的な人・・・など、一からやり直しの人、マイナスからやり直しの人、やり直す気力がない人、が多発している。これは事実として理解すべきだ。もはや、渋谷で遊んでいる暇などないし、くだらないことを考える暇もない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。