<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 尖閣諸島・・・石油埋蔵量は『1000億バレル』ではなく『32.6億バレル』? > 会長の考え > 尖閣諸島・・・石油埋蔵量は『1000億バレル』ではなく『32.6億バレル』?

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島・・・石油埋蔵量は『1000億バレル』ではなく『32.6億バレル』?

2011年02月27日(日) 16:48

今までの報道では尖閣諸島周辺の石油埋没量は『1000億バレル以上』と言われていた。これは世界第2位のイラクの数値と変わらない。しかし、先ほど、このページにて、32.6憶バレルと書かれていた。というのは、1970年に、国連が海洋調査したときの値は『1000億バレル』だったのだが、1990年代に日本が独自の調査にて調べた結果、その30分の1でしかない『32.6億バレル』しかないとされたようだ。どちらが正しいかわからないが、なぜ、報道されないのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。