<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 一つの時代が終わった・・・石原慎太郎 > 会長の考え > 一つの時代が終わった・・・石原慎太郎

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの時代が終わった・・・石原慎太郎

2011年02月22日(火) 19:05


先ほど驚くべきニュースが入ってきた。石原都知事が東京都知事選に不出馬を決定したらしい。

パーソナルな意見としては、日本が唯一元気を保てた起因がなくなったと感じる。それと同時に、一つの歴史が幕を下りた。

以前、このような発言をしたことがあった。

1975年の東京都知事選挙での演説にて対立候補の美濃部亮吉に

「……もう新旧交代の時期じゃありませんか、美濃部さんのように前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか」

この発言から、今回の引退の予感はしていた。

石原氏は常に物議を醸していた。失言も多く、差別的で、金の問題も多々あった。しかし考えてみていただきたい、氏の存在感がどれほどあったかを。アメリカに対し、唯一ものを言う権力者であり、中国に対する批判も激しかった。アメリカ政府からも中国政府からも要注意人物としてマークされていたのも事実だ。果たして、氏意外にこれほどまでに日本に、そして世界に影響力を持つ人物はいただろうか?

大人物と言えば、小泉純一郎元首相が挙げられるが、小泉元首相の時代が終わり、癖のない『安倍』『福田』と続き、ユーモアのある麻生氏がクッションを置き、『鳩山』『菅』・・・いったい、いつになったら「~の時代」と言われるよな大人物が出てくるのか?今、世界で影響力を持つ人物を見てみると、必ず一癖、二癖ある人物であることが分かる。実は、日本もかつてはそういう政治家が多くいた。田中角栄、渡辺美智雄、大平 正芳、中曽根元首相・・・浜田幸一・・・その生き残りとして小泉純一郎や小沢一郎、石原慎太郎がいた。だが、小沢一郎も追放されてきている(私は期待しているが)し、今日のニュースで石原慎太郎も引退することがわかった。一つの時代が終わろうとしている。ザッカーバーグのフェイスブックをはじめ、スティーブジョブズのアイフォンなどシリコンバレービジネスが21世紀をリードし、その影響を受けるように、チュニジア、バーレーン・・・独裁国家で次々と時代が変わるデモが起きている。今後は、新しい時代にシフトしていくのだと考えられる。

日本にも大きな光が必要で、その新ステージを創りだす人物の登場こそ、石原慎太郎の引退が納得できる理由となる。いずれにせよ、一つの時代が終わった。石原慎太郎、あなたは日本を代表する人物だ。サプライズを期待している。

スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。