<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > やられたら徹底的にやり返せ > 会長の考え > やられたら徹底的にやり返せ

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やられたら徹底的にやり返せ

2010年12月25日(土) 22:49

さきほど、テレビで『寛容な心』という題目で、不当な扱いを受けても、自らに非がなかったかを考え、相手に対して、「かわいそうな人だ」と思って無視するのが一番・・・という意見を言っている作家がいたが、平和ボケも甚だしい。まさに間抜けと言われてもしかたないだろう。

これは不動産業界のミスタービッグ、ドナルドトランプが言っていることだし、在特会のマコト・サクライも言っているが、こちらから誰かに暴力をふるうことや、無礼な対応をしてはならない。これは鉄則である。だが、誰かが我々に暴力や不当な扱いをしてきたら、その時は徹底的にその相手を潰さなければならない。その示しが、相手とその他のオーディエンスに教訓を与えることにつながるのだ。そして、それが世界の平和に結果的につながるのだ。不適合者を許してはならない。そして、見過ごしてはならない。ふざけた輩を生き伸ばすことに何の利益もない。誰も我々を代わりに救ってなどくれない。先の作家のいうことは平和ボケの代償と言える。この辺の所を理解しなければならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。