<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > こういう人間は切らなければならない > 会長の考え > こういう人間は切らなければならない

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう人間は切らなければならない

2010年11月15日(月) 23:43

最近わたしは一人のウィークタイズ(表面的な友人)をバッサリと切った。あまり切るのは好きではないが、時としてそうせざるを得ない場合もある。なぜならば、その男は私に対し「価値観を押し付け、私の自信を喪失させようとした」からだ。私の価値観を否定し、私の自信をゆがめると言うことは、未来の世界においても大きな損害であり、何と言っても私の可能性を潰す行為である。私はネガティブな種とは付き合わないことにしているが、人間は数が多いため、時よりこのような愚か者に出会ってしまうのだ。彼の行動の基準は「何かを失わないこと」であり、私の行動の基準は「何か新しいことを得ること」である。その差は大きく、彼のような行動力のかけらもない人間に限って、人に対し『価値観を押し付ける』という行為をするものだ。

彼は人の自信を喪失させ、人の人格を破滅させようとしている。しかも、彼自身はそれに気づかず、間接的に他者の自信を喪失させているのである。もっと具体的に言えば、個人の倫理的価値観を常識化させ、人に押し付けると言う行為は論外であり、コミュニケーションをとれない輩と言われても仕方がない。


【Lの談話室の言葉①・・・個人の価値観を人に押し付けないこと】
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。