<
< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > フィクサーとの再会。そして香港の凄さ > 会長の考え > フィクサーとの再会。そして香港の凄さ

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクサーとの再会。そして香港の凄さ

2010年10月22日(金) 18:42

本日はフィクサーと久しぶりに再会したが、彼のレベルは以前よりもはるかに高まっていたのが印象だ。とてもすばらしい人間性の持ち主だ。また、今日の進行は有意義の一言に尽きた。サンマルクカフェにて待ち合わせをし、そこでは「香港視察」の打ち合わせを行った。香港についての彼の見識は毎回驚かされるばかりだが、今回は実際に香港が故郷の人間ならではの情報をいただいた。来年の春に行くことだろう。次に、日本橋にて、彼の実家の所有するビルと会社を見学させてもらったのだが、あまりの立地の良さと、その規模の大きさに感心した。まさしく未来のリーダーにふさわしい血の持ち主だ。ぜひ、神楽坂を中心とした私と共に共同経営したいものだ。その後、デザイン性の良い会社をいくつも拝見したが、そのうちの一つの「メリルリンチ」「バンクオブアメリカ」・・・等のアメリカ外資系企業の「恐ろしさ」と「デザイン性の高さ」に、これまた感心した。また、東京・丸の内周辺の「ビル群」及び「雰囲気」に圧倒された。ここは唯一世界でやっていけるハイレベルのストリートであろう。・・・(変に気取った女性も少なかった)・・・自然の美しさこそ、まさに魅力的だ。

東京駅前の巨大なビルの高さは「42階建て」と書かれていたが、これは東京でも有数の高さである。しかし、フィクサーが言った次の一言。

『香港ではアベレージだ。むしろアベレージより「LOW」だ』

・・・そう、ここから分かる事実として、

「日本の最高峰は世界ではアベレージに過ぎない」

ということだ。そして、日本と言う狭い空間だけで物事を見ていると、極めて視野が狭くなり、レベルの低い闘いばかりが目につくようになってしまうということだろう。

その後、大崎に戻り再びディスカッションを行った。

「英語が喋れないことは『事実的に終わり』であること」
「孤立している日本人のヤバさについて」
「香港の凄さについて」

等、多くの議論ができた。
彼と会えたことを喜びに思うと同時に、新たなる努力をしなければならないと痛感した。
スポンサーサイト

2010/10/22(Fri)22:09

とても有意義な会談だった、ありがとう。今日の日を神に感謝したいぐらいの気持ちになった。
あなたも以前よりも先見性や能力などの面でかなり高まっていた、私も毎回驚かされる。

今回あなたと八重洲付近を視察し、多くの一流と言われる素晴らしい高層ビルを見たが、香港にはそれを超える超高層ビルが数多く建っている。
私は5年間住んでいたのであそこはよく熟知している、将来香港での共同経営計画も踏まえて、是非来年春、現地視察に出かけよう。きっと見識を広げられるはずだ。

では来週の年末パーティーで会おう。

名前:フィクサー (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。