<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 残念、もう中国には行けない > 会長の考え > 残念、もう中国には行けない

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念、もう中国には行けない

2010年09月26日(日) 14:40

本日17時より渋谷駅前にて抗議活動。





私には中国の知り合いもいるし、友人もいるため、中国人そのものに何の恨みもない。そもそも人数があれだけ多いのだから、変な人が出てくるのは自然の摂理である。しかし、中国政府に対しては強い不快感を持った。なぜならば、日本の言い分を一切聞かず、日本の船にぶつかってきた犯人を「むしろ歓迎」しているからだ。なんと、彼は中国に着いた時、ピースサインをしていたのである。さらに、熱烈に歓迎している中国政府の手下。まさしく、世界に「中国は正しかった」ことをアピールしているものと思われる。尖閣諸島はすでに領土問題に発展し、このままだと沖縄もとられてしまうのではないかと心配だ。私は国家のこととなると極めて「怒り」を感じる人間のため、これ以上無礼な対応をしないでもらいたいものだ。私が見る限り、日本人は怒ると怖い国民である。これ以上日本人を怒らせないほうがいいのではないだろうか?・・・中国の今回の対応は明らかに「信頼を損ねる」きっかけを作ってしまったと言える。残念だ、歯科を中国で開業しようと考えていたが、この国でやる可能性は0%になった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。