<
< 2017年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年12月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 心霊写真や心霊動画は全て嘘 > 会長の考え > 心霊写真や心霊動画は全て嘘

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心霊写真や心霊動画は全て嘘

2010年08月04日(水) 12:51


「なぜ、いつも『青い顔』か『白い顔』なの?」
「なぜ、いつも「霊が出た後」を映さないの?」
「なぜ、いつも「髪の毛が前に垂れてるの?」
「なぜ、そもそも「写真」や「動画」にうつるの?」

心霊写真や心霊動画が「TV」などでよく流されるが、私がマジックをやっているからか?・・・全てうそであると分かる。世界中を探せば、一つや二つは本当のものもあるかもしれないが、たいていのテレビでやっている写真及び映像は「嘘」だろう。私自身が霊を見たことが無い(不思議な現象はある)というのも一つの理由なのだが、昔から大きな疑問が一つあった。それは

「なぜ、心霊写真や心霊動画にうつる「霊」は怖いのか?」

ということだ。もしそこに居ないはずの「普通の人間」がうつっているのならば「なにこれ?」と驚くと思うが、9割近くの霊が「青い顔」「白い顔」「怖い顔」だったりする。これは明らかに「つくりもの」であるという証拠である。また、『不自然なカメラの撮り方』『霊が出た後の映像がない』などなど、普段絶対に撮らない方式で撮影しているものがほとんどだ。なぜ、霊が出た後の映像がないのか?下の番組は以前放送されたものだが、最後の心霊動画に至っては、「明らかなつくりもの」と99%自信をもって言いきれる。そもそも、最後に出てくる「怖い顔をした白い顔の女性」は「いかにもつくりもの」だ。



これは「エンターテイメント」な発想ではあるが、本当に信じて苦しんでいる人がいるのならば、ぜひ、「ジョーク」であることを認識すべきだ。確かに、金縛りというのは存在するし、私の知り合いも一時期悩んでいた。しかし、それとこれとは話は別だ。普通に考えればわかることだが、人間と言うのはほかの動物同様に、「臓器」と「体液」で構成されている。つまり、血液が体中を回っているときは「生存」しており、血液の流れが止まってしまうと「死亡」するのである。これはどの動物でも同じことだ。死んだ人間は腐敗するから、燃やして跡形もなくなる。なぜ、その人間が死亡すると、その形そのものが霊となって現れるのか?・・・『声が聞こえたり』『夢の中に出てくる』というのなら十分あり得る(その人のことを想う気持ちが強ければ強いほど『夢』にでてくることや、声が自分にだけ聞こえてくることはある)が、

 「起きているときに、しかも写真や動画の中だけに『体そのもの』が表れる

ということは『あり得ない』のである。私はハーバード大学の専門家ではないが、これは専門家の言葉を引用するまでもなく、「普通に考えてわかる」ことではなかろうか?ぜひ、写真や動画ではなく、実際に目の前で「霊」を見たことがある人を募集してもらいたい。おそらく投稿者は一人もいないだろう。
スポンサーサイト

承認待ちコメント

2015/11/17(Tue)14:09

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

承認待ちコメント

2017/08/06(Sun)12:38

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: () 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。