<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 大学も時代の流れに乗るべき > 会長の考え > 大学も時代の流れに乗るべき

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学も時代の流れに乗るべき

2010年07月16日(金) 19:56

世の中には「乗っていい空気、流行」と「乗ってはいけない空気、流行」がある。21世紀のパラダイムを一つの空気として見た場合、今現在の空気は「IT」だ。これは「情報社会」ということだ。私は、このIT化には「乗るべき」だと考えている。20世紀までは考えられなかったスピードで情報のやり取りが行われている。アメリカ発のリーマンショックも1瞬で世界中に影響を与えた。今の時代、何億キロ離れているところからでも「1瞬」で情報が伝わってくるのである。それは各個人の間にも表れている。携帯電話やキンドル、アイフォン、スカパー、ソーシャルネットワーク・・・あらゆるツールが日常的に世界中で使われているのだ。これらを開発した「スティーブジョブズ」や「ザッカーバーグ」などの世界への貢献は超多大なものだ。それは現在世界の人々の「常識」になってしまったのだから。ある意味21世紀を創ったのは「ビルゲイツ」や「スティーブジョブズ」といっても過言ではない。このように、21世紀は情報社会の時代だから、あらゆる業界でIT化が進んでいる。切符を買わなくても「カード」を翳せば改札口が通れる、海外のい人ともディスプレイを通してビデオ電話ができ、本はデーター化して何万冊でも持ち運びができる・・・全て便利になってきているのがIT化の特徴だ。だからこそ、私は言いたい。「学校もIT化せよ」と。朝早くからつまらない学校に行って、毒にも薬にもならない授業を聞いて、したくもない体育を受けるという「無駄な時間」をIT化によって失くすべきだ(一言断わっておくが、私自身は大学の講義を充実して聞かせていただいている。しかし、時間を割いてで受ける必要性のないものもある)。というのも「時間」も「お金」も有限なわけで、無駄にするのはもったいないからだ。朝7時に家を出て9時までに学校にいくことになんの意味があるのか?・・・このような「常識だから、もはや苦言を呈すること自体が愚か」と捉えられてしまいかねないことこそ、もう一度よく考えてみる必要がある。本来、自分の生活は自分で決めるべきだ。そして、好きな時間に好きな場所で仕事をするのが理想だろう。これはたしかに理想だ。しかし、理想を追い求めることこそ、充実した毎日を送ることにつながるのではなかろうか。そもそも、IT化によって、これは実現可能なことなのだ。つまり、それは「好きな時間に好きな教科を選んで受ける」ことができ、結果的に「既成の学校に通う以上に能力をつける」ことである。スカイプがあるのだから、優秀な先生が一人でカメラの前で「講義を行う」ことで、それを何万人にも配信することが可能なのだから、バカな教師が教室の前で「独り言」を話す必要性はないのだ。また、日本人で先生に授業中に質問する人など0・1%にも満たないのだから、映像を通して学ぶことになんの不便さはないのだ。そして、周りの人がうるさくて講義が聴けないという苦情にも対処ができる。なぜならば、映像は一人で好きなところで聞くことができるからだ。・・・さあ、この考えを聞いておかしな点はあるだろうか?・・・たしかに、体育は映像では行えない・・・しかし、問題はない。この国の堅苦しい「体育」の授業など、受ける価値など微塵もない。体育の授業で学べることなど
          「日本人は失敗に寛容ではない。集団で悪い空気を読む人間だ」
という事実を知ることくらいだ。・・・「コミュニケーションはどうする?」・・・たしかに、それが一番の問題だ。だが、さきほどから言っているように「ビデオ電話」ができるのだから、学生同士のディスカッションの場を提供することは安易にできるのだ。また、月に1回はみんなで会って語り合うのもいいだろう。

以上の事からわかるように、「時間を有効に、好きなように」使いたい人に対しての「IT化」を学校にも取り入れるべきなのだ。一体、中学高校に足を使って通い、すでに決められたコースを受けることに何の意味があるのか?その結果生まれるのは「電車で下品な話を大きな声でしたり、しつけができていない犬みたいな人間」なのだ。彼らはほかの「学びたい精神」を持つ生徒にも悪影響を与え、結果的に伝染して犬以下になってしまうのだ。だからこそ、日本人の国民性ゆえに、『IT化』で個人個人のやる気、熱意、学ぶ意識を尊重する必要があるのだ。




スポンサーサイト

2010/07/16(Fri)21:13

絶賛。そのとおり。

名前:ゆうみ (URL) 編集

2010/07/17(Sat)00:44

その通りだ。

毎回目ざわりな輩と授業を受けるのは苦痛そのものだ。

直ちにIT化を!

名前:フィクサー (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL

非生産的な会話の典型例

2010/08/04(Wed)10:35

昨日近くのマクドナルドで夜遅くに勉強をしていたのだが、隣の席に座ったおばさんたちの会話が気になってしまったのでここで述べる。そのお...

Lの談話室 新時代行動の会 公式ホームページ




▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。