<
< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > エゴグラムを信用するな > 会長の考え > エゴグラムを信用するな

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゴグラムを信用するな

2010年06月05日(土) 11:05

私の中学では、新年早々から「エゴグラム」という性格診断的な検査を受けた。エリック・バーンの交流分析をもとに弟子のジョン.M.デュセイが考案した分析法である。「アンケート」に答えるだけで、その人の性格を分析するというものだ。もちろん、専門家の方が分析しつくした結果にできたアンケートであるため、ある程度の信憑性はあるのだろう。しかし、私は昨日これをネットで受けてみて、極めて「おかしな」ことに気づいた。たとえば、次のような質問があった。
●あなたは責任感の強いほうですか?
●あなたは自分のことをわがままだと思いますか?

この2つの質問を考えるだけでも、エゴグラムの問題点は見えてくる。私はそれぞれの質問に「YES」「NO」と即断したが、これは事実であり問題ない。しかし、世の中の大半の人は、自らを「客観的」に判断することができない。そのため、主観で答えてしまうことが多いのだ。こういう性格診断テストでは、主観的な答えと、客観的な答えとでは、当然、答えに差が生じる。私の判断も下手をすれば主観的になっている可能性が高い。また、全てで50問近くの質問があるため、主観と客観が入り混じっている答えとなってしまうことは免れない。つまり、エゴグラムの問題点は、「受ける側」にある。受ける人の性格を判断するということは、本来客観的な指標で判断されなければならないにも関わらず、受けるのが本人であれば、人間の癖である「カッコつける」という本能により、主観的なエゴが含まれてしまう。例で言えば、

「責任感が強いですか?」

実際は「責任感がない」という客観的な判断であっても、「カッコつける」人間の本能から、「ある」に○をつけることも十分にあり得るわけだ。私はこのようなミスは犯さないが、たいていの人は犯してしまうのではなかろうか?

福田元首相が辞任会見で、「私は自分を客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」という名言を残したのが記憶に新しいが、そういう人がエゴグラムを受けるのならば問題は少ないが、判断ができない人は、エゴグラムなど「無意味な分析」と言わざるを得ない。これが中学、高校で真剣に「自己認識」の項目で行われていることは、私はある意味では危険なことだと思う。これは私の意見であり、言論の自由だ。

エゴグラムに興味がある方は、以下のサイトをご覧ください。

エゴグラム



ドナルドトランプ(1分40秒から、世界の迫力が見える)


鳩山総理をバカにしているアメリカの番組
スポンサーサイト

正しい理解

2013/10/08(Tue)21:22

 ビーナルドさんのお陰で、見えていなかった側面が見えました。

 エゴグラムは自身に対する自分の評価を客観的に分析しよう、という試みだと私は思います。
ときにその評価は、等身大ではないかもしれません。
また、性格は常に変わり行くもので、不確かなものです。
そういった誤差を容認できる、事実に関する認識の多様性に留意しておくことが、心理分析や、人・行動を評価する上で大事なことだ、と私は思います。

 自分を正しく認識できるのは、今の自分だけ。ここでいう正しさとは真実・事実という意味です。
しかし、その正しい認識ですら不確かなものであって、「考えることを止めない(見切りをつけない)・価値観を固定しない」、そういった可能性の探索が誰にでも大事です。

 ゆえに、エゴグラムは「今の自分を本心の分析結果」以上でも以下でもなく、遊び心・余裕があることが、結果を活かすために必要だ、と思います。
そういった意味で、自我が固まっていない人間が受けることは、想像の幅を狭めることがあるかもしれないので、確かに危険なことなのかもしれません。



 余談ですが、プロフィールの
"Every man is the architect of his own fortune."
について、慣用句に文句を言うようで恐縮なのですが、
"Every people is the architect of one's own fortune"
というように、man→people, his→one's とする方が、私には美しく感じます。

感じたことをそのまま書いたので読みにくいことがあるかもしれませんが、どうかお許し下さい。

名前:なつ (URL) 編集

ありがとう

2013/10/08(Tue)23:44

Thank you so much

もしかすると、ここまでありがたいメッセージをいただけのは初めてかもしれません。英語は訂正させていただきました。

「正しさとは真実・事実という意味」「考えることを止めない(見切りをつけない)・価値観を固定しない」・・・私もまったくその通りだと思う。

また、あなたの言うように、『自我が固まっていない人間が受けることは、想像の幅を狭めることがある』ということこそ、私自身が常に感じる危険性です。

医学的にもまったくエビデンスがないことなのですが、多くの人は血液型占いを信じます。遊ぶくらいなら構わないのですが、『私はA型だから引っ込み思案だ』とか『私はB型だから気配りができない』とか、自分の性格を固定してしまうのは本当に危険ですし、愚かだと思います。人間の性格や才能は、誰もわからないのです。ましてや、他人などに決めさせてはいけません。今回はコメントありがとうございました。次の言葉をプレゼントいたします。

私の尊敬するマサチューセッツ工科大学の石井裕氏は、研究生に次のように言っておられます。

     『もっとも大切なことは自分を信じること。自分の独創性を信じること』
        
           『妥協するな。余計な雑音など受け入れるな』


・・・あなたのような『感じたことを言える人』は極めて貴重だと思います。ぜひ、素晴らしい人生を歩んでください。    

名前:ビーナルド (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。