<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 感動の演奏会 > 会長の考え > 感動の演奏会

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の演奏会

2010年04月26日(月) 01:11

今日(昨日)は、私の趣味の一つである「ピアノ」の演奏会が四谷で行われた。今回の演奏会は波乱の幕開けであり、先週のリハーサルでは「15年ぶりの緊張」を体験して、手が動かなくなるという事態になっていた。しかし、15年間続けてきたピアノをここで終わらせるわけにはいかないし、私の演奏を心待ちしている人がいるため、今日は出陣することにしたのだ。ちなみに、ホールはこれだ。天井が高いところで驚いたが、待合室では長年の知り合いやアメリカに留学していた女性や、作曲家などがいて、私もリフレッシュすることができた。とはいえ、同い年の女性が結婚間近というのには驚いた。演奏前、演奏後には、Lの談話室の会員及びアメリカの友人から暖かいメッセージをいただいた。改めて感謝をする。演奏に関してもそこそこの出来であった。うれしいことに、演奏後、多くの人に賞賛していただいた。先生に関しては涙を流して感動をしていた。このような誠実で素直な対応には心から敬意を表する。
その後、お祝いのために、6人の応援に駆けつけてきた仲間や叔父さんとともに「品川」で映画(NINE)を見た。この映画はミュージカル映画なのだが、「ソフィアローレン」「ニコールキッドマン」などの超豪華な俳優が出ているため興奮してみることができた。映画が始まるまでに時間があったので、「秋田美彩館」というお店で買い物をした。ここで見つけた「この言葉」「買いたい」という消費者の考えを生み出すテクニックであると感心した。それにしても品川プリンスホテルには300回以上来ているが、とても立派なビルである。

今日の映画のなかで何度も出てきた言葉に、

           「イタリア男なら、明日はないと思って今日を行動しろ」

があったが、とても良いセリフだ。明日は東京大地震が起きて死ぬかもしれない。今日しかないという気持ちは「建設的な緊張感を生む」ため、不可欠な考えだ。


NINE
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。