<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > K1 ブロックレスナー、ヒョードル、京太郎? > 会長の考え > K1 ブロックレスナー、ヒョードル、京太郎?

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K1 ブロックレスナー、ヒョードル、京太郎?

2010年04月04日(日) 00:44

まずは、この動画をご覧ください。


本日は「K1」の開幕戦を見ていたが、MMAの「アリスターオーフレイム」、K1の「バダハリ」「セミーシュルト」などの強豪が勢ぞろいしていたが、なんといっても、今日の一番の見どころはヘビー級チャンピオンの「京太郎」選手である。あのピーターアーツを2ラウンド目でノックアウトしたのである。
ピーターアーツを倒したことのある日本人として「武蔵」に並んだのである。しかし、その武蔵に京太郎はすでに勝っているため、実質K1のヘビー級の歴史上、日本人として最も強いと言えるだろう。実を言うと、京太郎選手は、ヘビー級チャンピオンであるにも関わらず、あまり大きな話題となっていなかった。しかし、いち早く彼の実力を評価していた人物がいた。それは「石井館長(動画1)」である。石井館長と言うのは、K1の元プロデューサーである。脱税容疑で捕まってしまったが、今は保釈されており、豪腕なやり方は悪評を買ったものの、カリスマ性があり、K1を世界に広めた人物である。
(動画1)


現在は谷川プロデューサーがその立場にいる。私は何度も谷川プロデューサーを目にしているが、テレビでみるのとは異なり、とてもヤクザな雰囲気の方である。私は格闘技に関しては、マジック以上に興味があり、きっかけは、ラスベガスで行われていた「ゲーリーグッドリッジ」と「ハリッドディファウスト」の試合である。以前に、両国で行われた「亀田戦」を見たことがあるが、それとは別格の迫力があったのは記憶に新しい。今回は運よく、このラスベガスで行われた試合の映像を見つけたため、次に載せる。(動画2)

動画2


また、格闘技の本場はアメリカであり、やはり「UFC」である。今現在、ヘビー級で一番強い人物が、つまり、世界一強い格闘家は誰か?という質問に対して、やはり、『ブロックレスナー』か『ヒョードル』だといわれている。実はこの2人、日本でも「高いギャラ」を通じて大戦をしている。その貴重な大戦を次に紹介する(動画3、4)

格の差を見せつけた試合


ブロックレスナー



ヒョードル
<


/span>
スポンサーサイト

2010/04/04(Sun)13:59

格が違いますね~
世界には上には上がいるってことね~ それにしても、桁違いの強さ。

名前:ゆうみ (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。