<
< 2017年05月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年07月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 鼻水を吸うなら、かんだほうがいい > 会長の考え > 鼻水を吸うなら、かんだほうがいい

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻水を吸うなら、かんだほうがいい

2010年03月22日(月) 00:21

これは先ほど近くのサンマルク(カフェ)で読書をしていて感じたことだが、隣にいるお客さんが「すん」「すん」(表現に困る)と鼻水を吸っているのだが、遠慮なく「ずん」と吸ってくれるならば威勢がよくて良いのだが、そのお客さんは、中途半端に「すん」と吸っている。それも10秒置きくらい吸うものだから、とてもじゃないが「読書」に集中ができなかった。私は、むしろこういう場合は鼻水をかんだほうが良いと思うのだが、なぜか、ほとんどの人が「吸う」という選択を選んでいる。これはなぜか?多くの人は「かむ」という行為を知っていると思うし、カフェにはティッシュがたくさんある。おそらく思い込みとして「かむ」ことは失礼とか、マナー違反だとお考えの方もいるのかもしれないが、10秒おきくらいに吸うくらならば「かむ」ほうがよほどいいだろう。

また、ヨーロッパでは「鼻水を吸う」という行為は「下品」というふうに見られ、「かむ」ことがマナーである。これは文化の違いなのかもしれないが、「かむ」ことをお勧めしたい。

また、私はこのような「中途半端」な行動、たとえば、「鼻水を吸う」「内緒話」「ストローでジュースを中途半端に音をたてて飲む」などの行為にたいして「気が散ってしまう」らしい。内緒話の独特の響きは「貧血」になりそうだ。とにかく「中途半端」な行動をせずに、「はっきり」とした行動をとったほうがいいと思う。また、Lの談話室の会員へのメッセージだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。