<
< 2017年06月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年08月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 就活生はダサい > 会長の考え > 就活生はダサい

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活生はダサい

2015年03月15日(日) 22:11

先日、我が最大の心友と会い、六本木にあるアメリカン倶楽部でゆっくりお話をした。人は言う。なぜ、わざわざ倶楽部で会うの? と。たしかに、私たちはいつも待ち合わせ場所は「ホテルのロビー」や「カフェテリア」を選択する。なぜならば、これは私たちのスタイルだからだ。そのスタイルとは「自分たちのモチベーションを高めるところで会う事」だ。私たちは最高のコンディションを維持したいため、渋谷などの混雑したところではなく、ゆっくりと時間を過ごせ、尚且、上質な人たちのいる環境を共有したいと考えている。そうなると、場所は限られてくる。

その一方、世の中には自分のスタイルが全くない人が存在する。その典型例が

「就活生」だ。

ちなみに、私の心友も就活生を見てから、日本を出ることを決心したという。彼の選択は正しい。就活生は明らかにダサい。そしてそれを誰もが認識している。ダサいという認識をした上で、それをすればするほど、人間の自尊心は失われる。
自尊心を失うことは人生最大の悲劇を生む。それは「才能を開花しない」という結果だ。

さて、私は「ダサい」という言葉をあまり好まない。ある意味これは差別用語だからだ。だが就活生にだけは「ダサい」という言葉がお似合いだ。就活生のスーツ、雰囲気、対応を「ダサい」というと、必ず批判がくる。だが、オタクを「ダサい」と言い、個性的な服装を「ダサい」と言い、流行遅れのファッションを「ダサい」と平気で言える人たちが、なぜ、就活にダサいというだけで怒るのか。不平等にもほどがある。私たちも今まで何度「キモイ」「痛い」「ダサい」と言われてきたか、もはや数え切れない。だからこそ、強調して言う。

就活生はダサいし、痛いし、キモい

就活生の多くは、学生時代はクラブで踊ったり、合コンでハメを外しているはずだ。そもそも、人間は楽しいことを好むものだ。にもかかわらず、そのスタイルはどこに飛んでいったのだろうか?? かしこまったスーツに地味なネクタイ、面接では暗記したことを言うだけ。自分の個性はどこに行ったのだろうか。まるで、個性を発揮するのは「学生時代の特権」と言わんばかりの糞真面目である。(追伸:会社の社長クラスは50代になってもクラブで踊っている・・・)

私の昔からの知り合いの女性は、趣味をサーフィンとし、いつも日焼けをして、年上の外人の男性を連れている。なんで「外人ばっかと付き合っているのか?」と聞くと、「刺激的だから・・」という。いかにも彼女らしい意見だ。そんな彼女も就活の時代・・・と思いきや、さすが私の知り合いだ。40代の外資系のイケてる男と結婚し、セレブリティーの道を歩むことになったという。(追伸:決して美人という感じではないが、外人に気に入られるのが上手い・・・)

私はこのような一貫した態度を持つ人間を尊敬せずにいられない。世間(常識を作る集団)では、金持ちと結婚する女性を「カッコ悪い」と批判する傾向があるが、学生時代はハメを外していたにもかかわらず、就活生になると糞真面目になる人たちのほうが、はるかにカッコ悪いしダサい。私は遊び人は嫌いだが、一貫した遊び人は大好きだ。こういう人は、根が強いため、度胸があり、発想が柔軟で、話をするだけでも学びがたくさんある。

その一方、見せかけの(ある一時期だけの)遊び人は、救いようがないほど魅力がない。この手の人たちは、度胸がないため、周囲の動向を極力気にしており、一貫性がない。結婚したとたんに、良き母親、良き父親になるタイプである。そして、「俺も、昔はやんちゃだったんだ」と話す。もはや生きる屍だ。そして、子供にこう言う。

「真面目にしなさい」

心友のフィクサーは、アメリカに飛ぶ。将来はアジアを代表する経営者になっているだろう。彼は誰になんと言われようと、自分を押し通すことができる人間であり、日本人離れした度胸がある。この手の人間には強い味方ができる。だからこそ、私と長いあいだ付き合えたのだろう。たくさんの勉強と仕事と遊びを学び、さらに魅力的な人間として会えることを楽しみにしている。




スポンサーサイト

2015/11/04(Wed)01:09

思わず頷いてしまいました....

名前: (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。