<
< 2017年04月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年06月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 差別はなくらない > 会長の考え > 差別はなくらない

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別はなくらない

2015年02月15日(日) 17:56

この世の中には『差別』という運動が存在する。テニスの錦織選手は、日本人というだけで、試合中に『ブーイング』が巻き起こり、相手選手の不正も許容される中で頑張って試合に出ている。耳を疑いたくなるような差別が実際に行われているようだが、錦織選手は負けることは許されても、勝ってしまうと大変なブーイングを受けることになる。無論、欧州の人は日本人など全く興味などなく、単なるアジア系としかみていない。

とはいえ、アメリカで「人種差別」をすることは御法度であり、下手をすれば牢屋にぶち込まれる。その点、欧州は差別には寛容なようだ。ユダヤ人を1000万人以上殺すことを許容する人種は、やはり恐ろしいと言わざるを得ない。

以前、ノルウェーで1人の男性が60人以上もの人々を殺すテロ事件があったが、その犯人は白人であった。その昔には、オーストリア出身のカリスマ指導者のアドルフヒットラーが白人を1000万人以上殺したが、それを指揮したのも、実行したのも、白人だった。ヨーロッパのジェノサイドの歴史を見てみると、ほとんどが白人が白人を殺すというものだ。したがって、決して白人が白人に優しい社会とは思えないが、それでも彼らは白人至上主義にこだわる。それとは正反対なのが、日本人。

日本人は黄色人である。したがって、中国・韓国とも同じ人種なのは明白だ。にもかかわらず、日本人は「チョン」「在日」やら「シナ」やらと暴言を吐く。欧州の人間とはここが決定的に違う点だ。すなわち、日本人は『人種の違い』という枠で差別をするのではなく、『国籍の違い』によって差別を行う傾向にある。白人や黒人からみれば、日本人も中国人も同じなのだが・・・

さて、現在世界を賑わしている「IS」という国際テロ組織はどうだろうか。彼らはムスリムの中で、「シーア派」を差別し、当たり前のごとく殺しまくっている。つまり、『宗教の違い』による差別といえるだろう。あるいは、同じく今話題のボコハラム(西洋の教育は罪の意)は、女性の教育は許されないとばかりに、子供であろうと女であろうと、まとめて殺している。彼らにとって、女は、戦う男の道具でしかないわけだ。これは、『性別の違い』による差別と言える。

このように、世界のあらゆる場所で「差別」が行われている。私は昔から『愚かな行為を自分がしている場合、誰かが愚かな行為をしていることに意見は言えない』と考えている。したがって、全世界の人は差別を平然と行っているのだから、「差別に反対」などとは決して言えない。

ここで、一つの動画を紹介する。これはABCのドキュメンタリー番組。日本で言うところの『ドッキリ』だ。しかし、今回、とんでもないリアルな結果が起こる・・・



この動画をみて確信したことがある。もし、世界で大恐慌が起きたら、またジェノサイド(大虐殺)の歴史は起こるだろう。そして、殺すことを正当化するためにこう言うだろう。

『仕方なかったの』
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。