<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 詐欺師はなぜ生まれるか > 会長の考え > 詐欺師はなぜ生まれるか

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詐欺師はなぜ生まれるか

2014年10月10日(金) 23:10

架空請求に限らず、「振り込め詐欺」「痴漢冤罪」などを含む『詐欺』はなぜ起こるのだろうか。答えは極めてシンプルで、お金がない人が多いからだ。お金がない人がお金を得るために、

『人を騙す』

これはどこの国でも同じシステムだ。誰かを騙してお金を得たいならば、自殺をするべきだ。スイスに行けば安楽死も法律で認められており、悪いことをしてまで生きるべきではない。

私が最もおすすめするのは「自分が生き延びるために、誰かを騙すくらいならば」何歳であろうと、ドナーに臓器を提供するべきだ。以前、私の幼馴染みが出会い系サイトの『詐欺』に手を染めていることを知ったことがある。とても悲しかった。でも、私は言うしかなかった。

       そんなことをするくらいなら、臓器を移植しなよ

これは本気で思ったことだ。その友達はその後反省をし、今は結婚をし、普通の仕事をしている。だが、彼は過去に騙した相手に謝罪をしたのだろうか。謝罪もせずに、幸せな家庭を築くなど断じて許されるべきではない。私の願いは、彼が痛い目にあうことだ。

さて、実は過去に7万円程度の詐欺にあったことがある。その時の怒りは今も忘れない。被害者がどれだけ怒り狂うかがわかった。喜ばしいことに、犯人はその後、病気により死んだが、私への謝罪はなかった。私を騙しておいて、一言も謝罪をせずに死ぬなど、理解できない話だ。まさしく社会のゴミだ。そういうゴミを生んだ母親の顔がみてみたいものだ。私に土下座をし、その汚い顔に唾を吐かせてもらいたい。そして、こう言ってやる

『この悪魔!ゴミクズ。お前のせいで、私がどれだけ傷ついたか。お前を一生許さない。お前の生んだ害虫に早く会いに行け。恥知らず』

もちろん、死ぬまで恨み続けるのは当然の権利だ。私を騙し、私を大いに傷つけた「悪魔」を生んだ母親の葬式に参列をし、笑顔でピースサインを送る。私のささやかな楽しみの一つだ。

私が不思議に思うのは、政府がこのような人間を「まとめて焼却」する工場をつくらないことだ。ナチスがやったことを肯定する気は全く微塵もないが、ガス室というのは利便であり、人件費もかからないため、作るべきだと思う。そして、詐欺を働いた家族、親戚、その血縁者を全て焼き払うべきだ。もし、そういうことをしてくれる政治家がいたら、喜んで投票するし、後援会を作りたい。

私は平和主義者であり、人の幸せを願っている。人の不幸を一切願わない。ましてや、人を不幸にして、自分を幸せにするなど、そんなことが頭によぎった瞬間、慈恵医大に行って臓器を提供する。なぜならば、その瞬間、私に生きる権利などないからだ。

私が許せないのは、人を騙すというその発想。私は不当な扱いを受けない限り、絶対に人を貶めようとは思わない。ただし、私を貶めた人間に対してだけは、人権など認めない。

スポンサーサイト

2014/10/11(Sat)08:13

めっちゃ、同感しました!

詐欺にあうことの辛さって言葉では表せないほど、大きなものですよね。奴らに人権など与えずに、血縁者を連帯責任で死刑にするのは当然のことです。

悪魔を生んだのも悪魔。生きる価値なしですね!

名前:りリクエスト (URL) 編集

2014/10/12(Sun)08:18

私は過去に詐欺をされ、ほぼ全財産を失った老夫婦をみたことがある。おじいさんが首を吊って自殺してしまい、そのとき、詐欺師って人間じゃないな、って思った。私も重刑の推進に賛成です。

名前:球三郎 (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。