<
< 2017年08月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年10月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 常に情報を収集することは、ビジネスに効果あり > 会長の考え > 常に情報を収集することは、ビジネスに効果あり

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に情報を収集することは、ビジネスに効果あり

2010年03月18日(木) 01:55

私の場合は患者さんと接する仕事につくため、たとえば「インプラントを勧める」ことに関しても、「やりませんか」だけでは、たかが知れているレベルでしか「OK」をいただけないだろう。そのため、患者さん自身がインプラントをやろうという気持ちにすることが重要であるのだ。つまり、患者さんとのコミュニケーションはとても大事なことだと考えている。単純に愛想がいい人が上手くいく世界ではなく、患者さんが何を求めているのかを察知する能力がとても大事である。それはいろいろな営業をしてきた人たちが共通して言っていることである。

そして、そのようなビジネスにつながるコミュニケーションをするためには、「情報」が欠かせない。つまり、情報量が多い人、言うなれば引き出しの数が多い人が有利であるといえるだろう。先ほどのホリエモンにしても、その情報に対する貪欲さは普通ではないらしく、たいていの人が寝ている電車や車での移動時間も、欠かさずに「携帯、ネット、本」などから、情報を得ているという。確かに経営者と呼ばれる人はもちろん、ビジネスで活躍している人は、普通の人と比較して「あらゆる情報量が圧倒的に多い」という特徴がある。

電車の中は寝てしまいがちだが、競争社会を進んでいくためには、そのような努力の積み重ねが重要なのだろう。そのため、Lの談話室では、春学期から新たなシステムを導入する予定だ。ちなみに、新入生向けのパンフレットはほとんど完成した。今後、急激に「Lの談話室」の情報が出回ることになるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。