<
< 2017年09月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年11月 >
ホーム  > スポンサー広告 > 嫌なら辞めればいい > 会長の考え > 嫌なら辞めればいい

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌なら辞めればいい

2014年08月16日(土) 19:15

現状に不満があるなら変えればいい。

私は常々大切な人たちにこの言葉を送っている。

私が疑問で仕方のないことは、『つまらないことを続ける人』である。会社がつまらない。仕事がつまらない。勉強がつまらない。この人との関係がつまらない・・・

だったら辞めればいいじゃん

私が大学生だった時も、『部活つまらねぇ』と言いながらストレスを貯めて続けている人がいた。不思議で仕方がない。

つまらないなら辞めればいいじゃん

今の時代は、自由に現状を変えることができる時代だ。昔とは異なり、各個人がオプションのある時代に生きている。昔だったら、村社会の中で、そこから出ることはできなかった(今のイスラエルのガザみたいに)。生まれた時から将来が決まっていた。だが、今の時代は違う。各個人が数え切れないオプションの中から日々を選択することができる。

部活が嫌ならやめればい

私がそう言うと、ある男性は『辞めたら、先輩に目をつけられる。部活のつながりは一生のつながりになる』と言っていた。私は直感的に、この男性は死ぬまで誰かの期待に応える人生を生きるんだな、と思った。いや、確かに、彼の気持ちは理解できる。口でいうのは簡単。実行するのは難しい。縦のつながりの呪縛はとてつもなく大きいものだ。私自身、潰されかけたし、これから潰される可能性は大だ。だが、時間とともに私にも力がついてくる。次第に、私を潰すのではなく、私に潰されることを危惧するようになるだろう。これが世の中であり、これが人間社会というものだ。

潰すか潰されるか、私の知っている経営者も、上司に逆らって左遷させられたり、体制に歯向かって殺害予告をされた。だが、それが嫌だから現状を変えないというのは、言い方は失礼だが『支配される側の人間の思考』だ。しばしば、失敗したくないから行動しない、という弱腰の権威のような人たちがいるが、本当に吐き気がする。楽して功を成すなど、歴史上で成し遂げた人はただの一人もいない。甘えるんじゃねぇよ^^

GEのジャックウェルチが言うように、

『自分の人生を他の力に支配されてはならない』

さて、いろんな理由を掲げて、現状を変えないと、一生のその現状が続く。しかし、これは自分で選択をした結果だ。

ある著名な経営者はこう話していた。

いかなる現状も、全て自分が好んで選択した結果だ

想像絶するような厳しい発言だが、これは本質だ。

どんなに『じゃあ、変えればいいじゃん』とアドバイスをしたところで、

「いやぁ、そんなことをしたら、大変なことになる」という人。

つまり、この人は『現状を変える自由』を放棄して、『現状維持する自由』を好んで選択したわけだ。

言語道断、同情の余地はない。

今はオプションのある時代、個人が好きな道を選ぶことができる。

それでもなお、現状を変えない理由をたくさん挙げるならば、その人は自業自得なのだ。

これがグローバルスタンダードの『セルフリスポンスィビリティ』(自己責任)だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。