<
< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >
ホーム  > スポンサー広告 > アンガーマネジメント > 会長の考え > アンガーマネジメント

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンガーマネジメント

2014年06月18日(水) 22:25

アンガー・マネジメントは世界的に知られる概念になりつつある。実際、怒りをベースにした犯罪が近年増えているという。突発的な怒りの感情によって人を殺めてしまうこともしばしばあるのだ。私も過去から現在にいたるまで突発的な感情で罵声を浴びせたことが何度もあるが、最近その姿勢を改めようと思い改心した。

その結果、先日奇跡が起きた。とある研修会で朝早く家を出て、お気に入りの「通路側」の席にカバンをおいて確保しておいたのだが、私が少し席を離れてカフェをした後に戻ると、なんとその席に人が座っていたのだ。私は冷静に『ここ私の席ですが』と彼に聞くと、『え?ここじゃないんですか?』と私が確保した隣の席を指差してきた。わざわざ朝早く通路席から一つ離れた中途半端な席を確保する間抜けがどこにいるのだろうか。少し前だったら髪を引っ張って廊下に出していたが、生まれ変わった私は、冷静に無言で、静かに彼の言う隣の席に座った。しかし、怒りをコントロールすることで、周囲の人から

『とんでもない狂った奴』

というレッテルを貼られずに済み、なおかつ、研修講師の話に素直に集中することができた。そう、怒りをコントロールすることで、新鮮な気持ちで前向きな時間を送れるのだ。ここから学ぶ教えは、

不誠実な人間に関わるのは才能の浪費
スポンサーサイト

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL



▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。